2009年07月09日

ワンシート企画書のポイント 第2弾

こんにちは。
ドリプラ実行委員会の川合です。

明日から上海ドリプラ観覧ツアーに行ってきます!

明日は上海にて、ドリプラ2008プレゼンター 鳥本さんの
主催するイベントと、上海相互支援組織(S4)幹部の
Andyさんの会社を訪問予定です。
プチ上海感動ツアーですね。。。


北海道出身の鳥本さんは、いつか地元への恩返しをしたい!
との思いから、北海道のアーティスト11人の展示会を
開いています。

雪国の華 -N40°以北の日本の作家達-

そしてAndyさんの会社。
ワンジーテクノロジーズ


企業理念が素晴らしいです。

コダワリ
ヤクダチ
ユウゴウ

ドリプラにも通じています。

こだわりを持ってやる。
だけどひとりよがりにならないように、人に社会に役立つ。
各地域、社会、文化に合わせて開催する。

どんな思いで、そしてどんな経験をされているのか、
お話を聞くのがとても楽しみです。


さてさて、書類審査にエントリー予定の方。
明日からの週末が勝負になってきますね。

ワンシート企画書のポイントについて、先日

『福島正伸の日々感動 ポッドキャスティング』

にアップさせて頂きました。

また伝説の第1回ドリプラを立ち上げ、昨年も企画運営に
携わり、伝説のスタッフと慕われている文ちゃんのブログ
にもポイントが書いてあります。

是非ともご参考に。


個人的にはすべての企画を応援したいので、ワンシート企画書を読ませていただく際には、

夢を素直に受け入れる。
ありがたく読ませて頂く。
そして事業イメージを膨らます。

という流れで堪能しています。

一枚読むだけでこんな世界にしたいなーとワクワクしたり、
こんなシーンがあったら感動しちゃうな〜と涙が出てきたり、
俺もそれやりたい!と共感したり。

この一枚に詰まったドラマを、皆さんそれぞれのアイディアで
仕上げていただければと思います。

きっと一人ひとりにとって、納得のいく素晴らしいものができると思います。

作っては行動し、直しては行動し。
夢はもった瞬間から行動していきたいですね!
posted by ドリプラスタッフ at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

ワンシート企画書のポイント

おはようございます。
ドリプラ実行委員会の川合です。

今日は七夕ですね。

いろいろな願いや夢を、思いっきり願いたいですね。
日々の努力とともに!


さて、ドリプラの書類審査申込受付も残り1週間となってきました。

ワンシート企画書を書くにあたって、いろいろと悩まれている方も
いらっしゃるかと思います。

そこで、大会実行委員長である福島正伸に、ワンシート企画書を
書くポイントを聞いてみました。

福島正伸の“日々感動” ポッドキャスティングにアップしましたので、
聞いてみてくださいね。

悩んだ分だけ、成長している。前に進んでいる。
自分自身でできるところまで全力でやることが、いいですね。
追うべき理想は尽きないので。

以前私がワンシート企画書を作った時、本当に日々自分との格闘だったことを思い出しました。頭の中、心の中から形になっていないものを吸い出し、言葉にし、絵にしていく。
おかげで自分のビジョンが明確になったことを思い出します。

私はみなさまの夢を応援することしかできませんが、どうか全力で
夢を追うことができるよう、そして健康で楽しい日々を送れるよう、
七夕の今日、祈っております!
posted by ドリプラスタッフ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

プレゼンテーションルール

こんにちは。
ドリプラ実行委員会の川合です。

昨日大阪で、木山さんが主催する夢塾の
夢発表会に参加してきました。
今帰りの新幹線です。途中ちょこっと名古屋に寄ってきました〜!

今回私は運営としてお手伝い。
とくに要となるPC操作を担当しました。

事前に何度か打ち合わせして、社内でも何度か
打ち合わせして、機材も持ち出し、シュミレーション
して、当日も昼前からリハーサルをして、課題点を修正して、
気合を入れてイベントに臨みました。

7名のプレゼンターすべて、最高の発表でした。
思いをストレートに伝えるって本当に素敵なことですね。
まっすぐ差を感じさせてもらうだけで、感謝です。
夢塾の皆さん、本当にありがとうございました!

また会場には福島ドリプラ主催の吉成さん、大阪ドリプラ
共感大賞の斉藤さんともバッタリ!
日本中どこに行っても会えるなんて、どこでもドアが存在する
ように感じます。


さてその運営、今回はチャンスがいくつか発生しました。
ドリプラではいくら準備してもしすぎることはない、
なにかあっても何事もなかったようにバックアップ
プランを準備する。

意識してやっていたつもりですが、予想外の出来事が発生。
いやー運営自体も楽しかったです。

そこでいくつか運営のポイントをまとめてみました。
これからプレゼンター向けマニュアルを整備するうえで、
これは押さえておきたいと思います。

@パワーポイントを使用する場合、1枚目は黒を入れる(ブラック一面)
→プレゼンスタートの際、表示する一枚を作ります(タイトルでも可)

Aムービーを作成する際は、スタートから5秒はブラックにする
→PCでムービーを再生する場合、PCによっては最初だけ読みだしエラーが起こることもある

BPCを変えたら本番前にそのPCですべて通しで流し、アニメーションの不備がないか、プレゼンター本人が確認する。
→ソフトウェアのバージョン違いで、動作が変わる可能性がある

C使い慣れたPCでプレゼンテーションを行う。PCがちゃんと会場の仕様に適合するのか、事前に確認する。
→PC画面を演台で返しモニターとして使用する場合、ミラー設定(PC画面、プロジェクター両面映し)ができるかなど。

完璧な運営をするために、これでもか!というくらい準備して、プレゼンのルールをしっかり作り、やっていこうと心に決めました!
本当にいい学びになりました。
感謝!
posted by ドリプラスタッフ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

商標について

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。

すべての人が夢を語る社会に向けて、
今日は仙台です。
てっぺんさんとのコラボセミナー
6回のセミナーの中で、仙台一番最初に
売り切れてしまったほどの盛り上がりを見せています。
さてさて、いったいどんな熱い方たちがいるのか、
今からワクワク、ちょっとドキドキです。


さて昨日、商標登録の勉強をしてきました。
プレゼンターが創りだす商品のブランド作りには、商標登録も
必要かと思っています。

商標を登録するには、特許庁のHPから申請したり、特許事務所を
通して出願する方法があります。
出願方法の説明は省きますが、申請してから1年くらいで取得できるかがわかります。
気ままに待ちましょう。

昨日訪問したところは、ベル特許事務所さん
とても親身になって、商標について熱く語る嶋先生にお話を伺いました。

商標登録のポイント
○どんな思いを商標にこめて世に広めたいのか、よく考えること
→商標がどのように世の中に広まって欲しいのか。

○創りだす商品の品質を守り、価値を育てていくこと
→真似されないように商標で守るだけでなく、その商品を育てていくこと。商品の思いを伝えていくこと(守りと攻め)

○普及した時に、商標を管理できるようにすること
→商品イメージが薄まるような使い方を防ぐ
(例:コーラなのに、カルピスみたいなジュースとか)

いやー不勉強でした。
商標登録とは真似されないために取るものとばかり思っていたのですが、商標に思いを込め、それを努力して伝え広めることが
大事なんですね。
そしてそれをしっかり管理していくこと。
こういった品質管理には、たゆまない努力が必要ですね。

もちろん利益目的の商標登録もあるようですが。
この名前は将来利益を生むからと言って、商標登録して
しまうケースとか。

ドリプラも理念とルールを伝えるため、ドリプラ事務局はもっともっと
努力していきます。
みんながお互いの夢を応援する社会を目指して。
posted by ドリプラスタッフ at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。