2010年02月15日

岩手感動ツアーに参加しました!

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

10月に開催される予定のドリプラ土佐。
その支援者育成を目指したメンタリングマネジメント公開講座
高知で開催されます!!

4月4日(日) 高知商工会館 大ホールです。

高知だけでなく、全四国、日本各地からも、志を持った方々が
集まりそうですね。

平成の世直しも、土佐からうねりが起こるのか〜と思うと、興奮しますね。


さて、先週は秋田の後、11〜12日と岩手感動ツアーに参加してきました。
てっぺんさん主催で。

感動ツアーに参加する前に、ちょっとだけ高岡千晶さんのDAIA's closetのお店を見学。

Daiaガマ口.jpg

Daiaの棚.jpg

かわいい小物がいっぱい。
これ全てヴィンテージのリメーク品。
すごいです。

お店に行くと、もう幸せいっぱいの気分に。
ああこれは私の妻に、これは子どもに、そしてこれは会社の
あの娘にと思いは膨らむばかりです。

盛岡駅から徒歩10分。
すぐに行けますので、岩手に足を踏み入れたら、是非とも
お店に立ち寄ってくださいね。
買い占めしたくなります(笑)
都内で展示会やろーかー!

という話で盛り上がり、お店をあとにしました。


さてさて、その後はいよいよ感動ツアーに参加。
今回の企画は主に松舘敦子さんが立てたとか。

さすがプレゼンクリエーター。企画力行動力調整力、いやいや、
人間力が違います。

詳しいツアー内容は松舘さんのブログに掲載されているので、
そちらをじっくり見ていただくとして。

私の中で心に残ったベスト3をお伝えさせていただきます。

その@
岩手の人の温かいおもてなし。
行くところ全てに笑顔があふれ、人が集まっていました。
八丸牧場では八丸さんだけでなく、佐々木恵美子さんとか恵さんとか
岩手の仲間たちが勢ぞろい。
本当に短い時間だったのですが、私たちを見送るために
来たのではないかと思うくらい、最高の笑顔で
再会を果たしました。

お馬さん.jpg

八丸ギャラリー.jpg
牧場では八丸ギャラリーができていました。


そのA
岩手で頑張る企業家の方々!
冬は雪に閉ざされていても、熱い思いは閉ざされない。
手紬、手織りの生地で勝負する日本ホームスパンさん。
手染めの技術を現代から未来へつなぐ伊藤染工場さん。
酪農を楽・酪農へ。修理屋からメーカーへ変身した伊藤工作所さん。
雑穀を日本に広めた金婚亭さん。

家業、事業、夢に一所懸命取り組む姿がそこにありました。

そしてそれを力強く支援する多くの方々。
花巻信用金庫さん、岩手産業支援センターさん、相互支援に
燃える方々。

ああ、岩手ってすごいな。
魅力的だな。
是非今回であった方々と、今後一緒に仕事をしてみたいな。

そう思いました。

私の友達も東京から実家の岩手に戻り、頑張っています。
コンサルやめて、岩手農産物の流通を立ち上げて。

志高い人ばかりです!


そのB
感動ツアーの仲間と夢を語り合った2日間。
移動のバスの中だけでなく、夜の宴会では一人5分くらいの
持ち時間があり、自由に夢を語り合いました。
そして、いろいろと学ばせてもらいました。

何のために仕事をしているのか。
なんでそんなに仕事は大変なのに楽しいのか。

仕事をしていると、素晴らしい出会いがある。
本当に心を通わせることができるお客様との
出会いがある。
毎日どんな方と出会えるのか、何が待っているのか、
そんな出会いがすごく楽しい。

福島の吉成さんが教えてくれたことは、私にとって
とても心に残る言葉でした。


学び多い岩手感動ツアー。
来年はどの地域に感動ツアーに出かけることになるのか。
今から楽しみです。

こんな企画をしてくれたてっぺんのみなさま、
岩手のみなさま、そして一緒に参加したみなさま。
本当にありがとうございました!


(おまけ)
秋田で訪問した日の丸醸造さん
訪問した証拠が載ってしまいました。
千客万来のところ。。。
posted by ドリプラスタッフ at 23:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

AURORA DANCE 中垣哲也さんのトークショーに参加しました!

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

突然ですが、

人生の目的とは何か?

・・・


親になること。
子の親だけでなく、人としての考え方、生き方を、
次の世代に伝え渡す人間になること。


2カ月に一度、友人のお父様を先生に、勉強会を開催して頂いています。
今まで積み重ねてきた経験と知識などを子どもの世代に伝えたい!
そういう先生の熱い思いから昨年発足しました。
テーマは歴史、伝統、政治経済国家、生き方考え方にまで至り
幅広い。

私にとっては本当に視野の広がることばかり。

昨日も開催され、テーマは孫子とガンジー。
もちろん一日で学べるものではないのですが、エッセンスを
聞き、あとは独学です。
ここに集まる仲間も、とてもユニークで志高く、いい刺激になっています。
上記の問いの答えは、その先生からの回答でした!


さてさて、土曜日に星景写真家の中垣哲也さんのトークショーに
行ってきました。

オーロラ展で中垣哲也さんと.jpg
オーロラ展で中垣さんと。

中垣さんはオーロラ爆発を体験し、オーロラの世界を
写真に収めるだけでなく、その魅力や神秘性、地球の活動を
伝えるために、活動をつつけています。

以前は放射線技師だったというから驚きの経歴です。

オーロラは、太陽から降りつける太陽風が、磁場の影響で
地球の極に舞い降り、それが窒素や酸素の原子とぶつかり
輝く現象です。
酸素にぶつかると緑色に、窒素だと紫に輝くようです。
オーロラができるということは、地球に生命が存在する
証拠(酸素がある、磁場がある)とのこと。

そのオーロラの魅力を存分にスライドショーで感じることが
できました。

中垣さんの主な活動場所はアラスカ。
アラスカの四季の織りなす豊かな大地と、悠然と現れる
オーロラ。
その美しさは恐ろしいほど。
私も一度はオーロラに抱かれてみたいと思いました。

生命への賛歌。

まさにそんな言葉が浮かびました。


なぜこのオーロラですって?
世界観を学ぼうと思いまして。
ドリプラの世界とも実は近いのかと思っています。

こんなにも美しいものがあることを教えてくれる。
それがオーロラ。

相互支援によって、想像もできないほどの感動が生まれる。

地球上で起きる自然現象も、人間の努力によってもたらされる事象。
どれも偶然が織りなす奇跡ではないか。

それにしても素晴らしいです。オーロラ。

本日まで、東京新宿のコニカミノルタ館で
宇宙からみたオーロラ展2010が開催されています。

残念ながら15時まで。
中垣さんは全国津々浦々でオーロラを伝える活動をしている
ので、もし機会があれば会いに行ってみてください!
posted by ドリプラスタッフ at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

ドリプラ用語辞典

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

昨日はドリプラ2010の予選候補会場見学。
あまりにもカッコ良く、ちょっと興奮しました。
本選会場であるJCBホールとはまた違った雰囲気。
今年は相当格調高くなりそうです。

予選会場候補その1.jpg

さてどこでしょうね。
そろそろ決めないと!


ドリプラをどう企画運営していくのか。
主催者向け説明会に向けて準備するなかで、
たくさんの疑問、知りたいことが出てきました。
自分が主催者だったらという視点で。


○ドリプラのプレゼンテーションはどうやったら作れるようになるのか。

○相互支援会はどうやるのか。支援とは何なのか。

○ドリプラを通してこの地域、業界、世界をどうしたいのか。

○ドリプラとは一体何なのか。どう説明すればいいのか。

○ドリプラのルールは。

○プレゼンターや支援者はどう集めるのか。

○プレゼンターはその後、どのように活躍されているのか。フォローはしているのか。

○ドリプラで関わった人、開催した地域は今どうなっているのか。

○予算はどれくらい必要か。

○スケジュールは。。。

とめどめなく出てきます。

主催しようと思ったら、それこそ一から作り上げる必要があるので、
本当にすごいですね。
わからないことだらけ。

今まで経験によって積み重ねてきたことを、できる限りお伝え
できるよう、努力していきます。


今年のドリプラは、プロジェクト管理と品質管理に特に力を入れたいと
思っています。
100人近く集まっていただくスタッフの方にどうやって品質を伝えるのか。

これは志と姿勢しかなさそうです。
そのためにこっそりドリプラ用語辞典を作成中。

例えば

★ドリプラ説明会

来場いただく方が、説明会の雰囲気にのみ込まれてなぜかやる気が
出て、夢と希望に胸を膨らませて帰っていく。そのために、会場まで
の動線から笑顔で受け入れる。
参加者が家を出たとき、最寄駅、会場建物入り口からドリプラが
始まっている。たかが説明会。されど説明会。説明会で、ドリプラの
世界観を伝えきる。
なお見学に来ていただいたドリームメンター、スタッフ候補の
みなさまは、同様にドリプラに関わりたくなって、思わず仲間を
誘ってしまいます。


★質問対応

質問は試されごと。相手の目を見て回答する。
質問内容についてだけでなく、志や思いも伝える。わからないことに
対しては、自分自身に挑戦し、回答する。
あやふやな回答はせず、明確に。すぐに答えられない場合は、
別途連絡する旨を伝えたうえで、しっかり内容を確認し、仲間と内容を
確認してから元気っぱいで回答する。


こうであったら理想のドリプラになるのではないか!
自分自身に言い聞かせるつもりで、作っています。
さて今日も頑張ります。

23日開催の主催者説明会のお申込みはこちらから

https://pro.form-mailer.jp/fms/a1d7569d6531

いよいよ今週末です!
全国から志が集まります!
お気軽にお越しくださいね!!
posted by ドリプラスタッフ at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

日々出番

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

23日開催の主催者向け説明会に向け、ドリプラ事務局で
当日のプログラムの再検証をしていました。土曜日に。

ドリプラ2009の映像を見たり、写真を見てその時何を
考えていたかを話し合ったり。

ちょっと前のことですが、ずいぶんと昔に行われたことのよう。
日々時間は流れているということ。
今年も新たな試みに挑戦するんだということ。

過去を振り返り、また気持ちを新たにしました。


23日の準備は着々と進行中。

ドリプラの理念とルール
プレゼンテーションテキスト。
開催マニュアル
関連資料 などなど

全国から集まる仲間と志を共にするため、
学び合うため、最高の説明会にしたいと思います!

お申込みはこちらから
https://pro.form-mailer.jp/fms/a1d7569d6531


今日はこれからドリプラ2009DVD制作の打ち合わせ。
そして明日はドリプラ予選会場見学。

まだ会場は秘密ですが、今年も夢に挑戦するプレゼンター
が最高に輝く舞台を作ります。

(本選はJCBホールです)


自立創造
感動共感
相互支援

日本が世界に誇る文化となるよう、本日も一日行動したいと思います。
posted by ドリプラスタッフ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

生き方で選ばれる会社

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

昨日掲載したドリプラ主催者向け説明会、直前の案内になって
しまい申し訳ございませんでした。

無理に調整いただいた方もいて、本当にありがたいです。

当日はいろいろな思いを持った参加者が集まりそうです。

北は北海道、南は九州熊本。
昨日のドリプラ開催マップに掲載していない地域、業界
の方も多く来られます。

これだけの方が、

夢を語り、未来をつくる礎になる覚悟をきめていること!

この国の可能性は無限大です。


ドリプラは生き方が問われます。
夢に本気になるということ。
生き方に共感し仲間からの応援を集めることが
できたりします。
(今までのプレゼンターを見て、本当にそう思います)

そして主催者はプレゼンターや支援者の見本となります。
主催者、運営する人が本気を見せること。姿勢を見せること。

その覚悟と志を既にお持ちとは。。。
私はまだまだ修行中です。

23日は、多くを学ぶ一日になりそうです!!

ドリプラ主催者向け説明会のお申し込みは下記からお願いします。
受付中です。
https://pro.form-mailer.jp/fms/a1d7569d6531



先週スタッフのたじーに連れられ、うぶすなさん
という会社に行ってきました。

地域とITをテーマとして活動しています。

地域の魅力を発見発掘し、
つたえる、つなげる、広めるのが得意な会社です。
(ちょっと前のユビキタス社会のキーワードみたいですね
つながる、つなげる、つながっているみたいな)

たじーが紹介してくれるだけあって、やっていることも
非常に興味があって楽しいのですが、
何にしても面白いのが、働いている方たち。
イキイキと得意分野を活かしているという感じ。
個性が集まった集団ですね。

Webサイトを見ていたら、すごいキーワードが出てきました。

『生き方で選ばれる会社でありたい』


私たちは、「生き方で選ばれる会社」 でありたい。
お客様から、当社で働きたいと思う方達から、そしてネットビジネスに
関わる方達から、星の数ほどあるコンテンツ制作会社の中から
当社が選ばれる理由。
それは、「目標であり、使命であり、それを現実化していく生き方」
でありたいと願い、自ら航路図を引きながら、長い船旅を進めております。
(以上うぶすなHPから抜粋)

超カッコいいですね。
生き方にこだわる。

そういう人が溢れる世界。
ドリプラを通して少しでも寄与したいと思います。


(小ネタ)
私のデスクの上に、やる気の出るカレンダーを置いています。
今年もJALさんの卓上カレンダー。(このカレンダーの大ファンで、毎年使わせてもらっています!)
毎月毎月、世界の美女が、私に向かって応援メッセージを送ってくれています。
タイタイ星人に書いてもらってるんだけどね。相当やる気が出ます!
私のこだわりです(笑)

1月カレンダー.jpg

posted by ドリプラスタッフ at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

やっぱり夢しか実現しないじゃん

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

先日ETIC.さんに、ドリプラの感想を伺いに行ってきました。

ドリプラを観た率直な感想。

『夢しか実現しないって、体感させてもらいました!
やっぱり夢なんですね!
夢を本気でつきつめると、叶っちゃうんですね。
3ヵ月間プレゼンターを、支援者の方々がよってたかって
応援する過程を経てきたドリプラ。
その価値はすごいです。』

うれしい限りです。
今年も夢に本気で生きていく姿勢を見せることができる、
ドリプラ2010にしたいと思います。


そんなドリプラの価値を伝えるために、現在ムービー制作に
取りかかっています。

監修はみるなの中嶋さん
1/16(土)に
『初めての映像制作講座』
もございます。

ドリプラムービーの制作目的、
誰に見てもらいたいのか、
それを見た人はどうなるのか、
世の中にどんな価値を伝えたいのか・・・

そんな話を延々遅くまで付き合って頂きました。

ドリプラムービー検討中.jpg

理論と実績に基づいた中嶋さん。
かなり頼りになります。

今からドリプラは多くの方に支えられていて。。。
うれしい限りです。


多くの方に支えられているといえばドリプラの感動を伝え隊のみなさま。

鈴木惣士郎さん、ピース小堀さんをはじめ、なんでこんなにも
応援することが好きなんだろう。
応援することに熱くなれるのだろう。

そんな姿勢を教えていただいた方々が出られる

ドリームワーカーズフェスティバル

本日1月10日(日) 開催です。
13時〜18時
全電通労働会館 全電通ホール
東京都千代田区神田駿河台3丁目6
最寄駅 JR線 御茶ノ水駅、都営地下鉄 小川町駅 


自分の夢や大好きなことで起業して、収入を得る秘訣を聞きに来ませんか?

自分の大好きなことで起業すると決め、
大好きな仲間と共に本気で取り組んだ仲間が集まる。


年始からいきなり体が沸点に達しそうです。

あまりにも熱い思いがこもっているため、詳しい案内は、
下記サイトをご覧ください!

http://www.dream-college.jp/dream-festival/
posted by ドリプラスタッフ at 01:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

月食

あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願い致します。

ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

初日の出前に、月食を観測しました!

ふと目が覚めたら4時。
ちょうどいい時間と思いつつ、家の屋上へ上がり
月を眺めると。。。

元旦月食.jpg
(うちの屋上からの写真です。ちょっとわかりにくいですかね〜)


本当にかけています!
地球の影によって月が欠ける月食

まさに神秘ですね。


自然の摂理、ことわり。

月食を見ながら、何なのかを考えていました。

地球の動き、自然の流れ。
これはきまりきったことで、人間がとやかく変えられるもの
ではない。
そして人間ではそれを起こせない。(と思う)

悠久の時間の中で変わらないもの。
太陽の活動、天体、気候、大気、生態系、地球。。。

そういう中で、生きている。

片一方に振れれば、反対側へ戻す作用が
うまれる。

常に調和の中にいるんだなぁと。

今日の行動は明日に活かされ、間違っていれば修正が入る。
未来は今日から生み出され、明日は明日でまた次の一歩を
踏み出す。
その繰り返しなんですね。

だからこそ、今年も全力でやっていきたい。
悠久の時を変えるためではなく、
悠久の時を続けるために。


たまには地球の動き、自然の流れ、時の移り変わりを
考え、感じる時間を持てるような1年にしていきたいと
思います。


それにしてもこういう何物にも代えがたい、自然の力を感じると、
身震いします。
全ての存在に感謝する瞬間です。


この一年、日本にとって、世界にとって、人類にとって、
もちろん自分自身にとっても何物にも代えがたい、
素晴らしい時間にしていきたい、なって欲しいと思います。

本年も、どうぞよろしくお願いします。



ちなみに初日の出は拝めず。
再び目覚めたら日が昇っておりました。。。
posted by ドリプラスタッフ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

走る理由

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

今年の走りおさめをしてきました。
いつものランニングコースをぐるっと。

来年も一年間、様々なトライをする体づくりのため。

そして何より、毎年友人たちと自主開催している
『勝手に箱根駅伝』に出場するため。

仲間と共に箱根駅伝を勝手に走っています。
(同様なことをやっておられる方、結構いらっしゃいます)

我々の場合、来年はなんと第5回記念大会。
勝手に記念大会なので、出場大学は過去最多の5校になるのか??
(今年は4校でした)

私は4回連続出場で、来年出るためには1年留年しないと
いけませんね。。。へへ。。

このために1年間準備する。
毎年毎年新たなメンバーが加わり、運営体制も進化し、
ランナーはお互いの限界に挑み、そしてその健闘を
たたえ合う。

こう書いてみると、駅伝ってドリプラみたいですね。

だから気合が入るのか〜とふと思いました。


走りながら、来年のドリプラを考えていました。
何のためにドリプラをやるのか。
自分自身の取り組む理由。

アントレプレナーセンターのスタッフだから。
ドリプラにずっと関わってきたから。

そういった理由ではなく、ドリプラを通して自分は
何をしたいのか。

・・・

機会の平等。
努力した人が活躍できる世の中を作りたい?!

大学時代、議員事務所でインターンをしていた時、
このことを強く思っていました。

陳情する人が思い通りにできるのではなく、自ら行動をして、
努力している人が活躍できる世の中。

努力によって道を切り拓ける社会。

ドリプラと私は、こうつながっているということを気づきました。



ドリプラは、夢を描き、努力によって道を切り拓き、
経営資源が集めることができる。

社会のため、世界のため、地球のために、夢に向かって
努力すること。
それがカッコいいという文化をつくること。
みんなが憧れ、行動を起こすこと。

すでにそういう社会になりつつありますが、徹底的にやっていきたいと思います。


夢と努力と感謝

私にとってのドリプラのキーワードです。


この気持ちを胸に抱き、来年は一層がむしゃらにやっていきたいと思います。
posted by ドリプラスタッフ at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

パラカップ

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。

昨日東京はとてもいい天気。
前々から予定していた、ハーフマラソンの大会に出場してきました。

「パラカップ2009」

アジアの子供たちのための、チャリティラン。

収益は全て寄付し、スタッフはボランティア。走るとみんなから
ゼッケンに書かれたニックネームで応援されてしまうという、
関わる人すべてが幸せになるマラソン大会です。

私は2回目の参加だったのですが、毎年人気ですぐに定員に達して
しまうので、今回走ることができて本当によかった!

目的がアジアの子供たちを救うという国際貢献事業なので、
こういうことに敏感な若い人たちの参加が多いこと多いこと。
小学生の女の子からお兄さんお姉さんまでみんなから黄色い声援や、
ハイタッチなどで応援され、ランナーは意気揚揚。
暑さ疲れも我慢できます!

実行委員長が、世界にはいろいろな境遇の子供たちがいるが、
その子達のために、私たちが今できることをやっていきたい。

と力強く語っていたのがとても印象的でした。
この心意気に、来年も参加しようと決意しました!


運営側も、ボランティアスタッフも、ランナーも、応援する人も、
みんな楽しく助け合いながら行うイベント。

走る人だけでなく、ボランディアスタッフも参加費を払って
関わるという、驚異のイベント。

やりたいことが明確で、そのための手段としてのRUN。

手法は100万通りといいますが、まさにそれを実行しているようでした。

ゴールすると支援先の子供たちが手作りしたペンダントが
首にかけられます。
一つ一つ個性のあるそのものには、魂が宿り、感謝の気持ちが
伝わってきます。。。

パラカップ.jpg

来年一緒に走れたらうれしいですね!
posted by ドリプラスタッフ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

ドリプラのみらい

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。

今日は日中、渋谷で花育て をしてきました。
15時から3時間みっちりと草と格闘。
いろんな人と夢を語りながらやれば、あっという間に花壇はきれいになります。
この活動を始めて5年、ドリプラに挑戦したらどうなるかなぁと想像しています。


ドリプラの事務局として、来年やると決めてある一つ目標があります。


『ドリプラを全国、そして世界に広げること』

大人が夢を語る場所がいたるところにできれば、
そしてそれを応援してくれる仲間が身近にいれば、
夢に向かうことができ、すべての人が生きていく
喜びを感じることができる。

どんな夢でもそれを語り、受け入れてもらえれば、
その人の可能性をもっともっと引き出すことができる。
そしてその夢を語る場所の価値が上がる。
魅力が生まれる。

その夢は難しいね!無理じゃない?という言葉で返されるのではなく
いいね、やってみようよ。手伝うよ。こうしたらもっとワクワクしない!という様に、
前向きな言葉しか返ってこない場所があれば、
今取り組んでいる些細なことでも、魅力を、価値を上げることができる。

一人の夢が、他人を巻き込み、そして地域を巻き込んでいく。

地域が盛り上がり、日本が盛り上がり、世界が夢と希望であふれる。

他人の夢を受け入れる、それを応援する。
相互支援という、たった一つのルールを通して、自分自身が、
世界中の人が、充実した人生を歩むことができると考えています。


ドリプラは、いろいろな地域で開催して、それぞれの地域で工夫して、
ノウハウをため、そのノウハウを全てのドリプラで共有し、価値を高めていく。

オープンソースのようなイメージで、広めていければと思っています。


来年ドリプラを開催したい地域から、今年の支援会を見学したい、
ドリプラのスタッフになりたい!という問い合わせを頂いております。
本当にありがとうございます!

いつでも受け入れていますので、ご連絡くださいね。

上海ドリプラ.jpg

7月にドリプラが上海にて自主開催されました!
びっくり!!

posted by ドリプラスタッフ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

名言 その1

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。
いよいよ9月。
今月はドリプラ準備で大忙しの予感です。

書類審査の結果発表があります。
9月16日正午から、ドリプラ本選のチケット販売が始まります。
9月20日-21日は岩手のドリプラとも言うべき、夢ずっぱり未来創造フェスタ2008
そしていよいよ9月末からプレゼンター支援会が始まります。
目白押しです。


昨日福島正伸の話の中で、今年のドリプラ2008についての名言が出てきました!

今年のドリプラは
「人類が目指すイベントにする!」。

夢を持っている人はかっこいい。
みんなが夢を語り、それをみんなで応援して、一緒に悩み、一緒に苦しみ、努力して作り上げる。
その結果、発表者の生き様がのり移った、最高のプレゼンテーションができる。
みんなで作り上げるイベントです。

昨年のドリプラ2007は、世の中に放ったジャブ。時代を切り拓きました。
今年のドリプラでは、観客が会場から出たら、感動と共感でバタバタと倒れてしまうような、人類に向けてのカウンターパンチ。
わけがわかりませんが、そんな衝撃的なイベントにしていきます。

ドリプラは社会を変える大きな仕掛けです。
将来的には、アントレプレナーセンターだけでなく、日本の各地で、世界中で自主的に行われている仕組みにしていきます。
共有するのは考え方とルールだけ。
その見本が、今年のドリプラ2008です。
いろいろな方に関わって、見て頂きたいと思っています。
posted by ドリプラスタッフ at 11:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

居酒屋甲子園にて

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。
昨日はドリプラスタッフで、居酒屋甲子園に行ってきました!
居酒屋から日本を変える、元気にする居酒屋甲子園。
行った私が変わりました。元気になりました!

なぜ彼ら、彼女たちはそこまで本気になれるのか?
見ていて感じたことがありました。
それはその事業を行う理由を、はっきりもっているから。
家族のためだったり、地元のためだったり、お世話になった人のためだったり。
人それぞれの理由ですが、居酒屋で生きていきたい理由がありました。
その覚悟が感動を誘うのですね。

ドリプラに応募してきてくれる方も、その点は全く一緒です。
その夢、その事業に取り組む明確な理由があります。
だから行動する。
その行動が、感動と共感を呼ぶ。
そして支援者を集めることができる。仲間ができていく。

昨日の居酒屋甲子園は本当に参考になりました。
ドリプラも、居酒屋甲子園のように、みんながあこがれる場所。
ここに集まれば夢が叶う場所に絶対にしていきます!
posted by ドリプラスタッフ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

やりたいことをやり続ける

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。
今日は居酒屋甲子園決勝大会です。
居酒屋から日本を変える。元気にする。
熱い魂を持った方たちの大舞台。
ドリプラスタッフも会場に詰めかけています。
これからどんな感動が待っているのか、楽しみです!


夢(ドリーム)プラン・プレゼンテーションは、大人が夢を語る社会をつくるために開催しています。
大人が夢を語れば、それを見た子供も夢を持ち、未来に希望を抱ける。
そして新しい時代を作っていく。
居酒屋甲子園の理念にも共通していますね。

さて、その夢ってなんでしょう。
昨晩、ドリプラ実行委員長である福島正伸の講演を聞いて改めて考えました。
夢とは本当にやりたいこと。

福島曰く、たとえ事業として成り立たなくても、儲からなくてもやり続けることができるくらい、本当にやりたいこと。好きなこと。
その夢で食べていけなかったとしても、アルバイトで稼いだお金でやりたいことをやってしまうくらい、好きなこと。
好きなことをするために資金を稼ぐアルバイトが、本当に楽しくなってしまうくらい、ワクワクすること。

夢というのは、どういう形で実現してもいいのです!
やり続けることができれば、社会に価値を提供し続けることができれば、それが本当のの夢になる。
その結果、みんなと夢を共有できる。

夢というのはすごいものでないといけないとか、大きい小さいも関係なく、全くそういうことでなく、その人がやりたいこと。
楽しくできること。そして続けられること。

ドリプラの定義する夢というのは、こういうものなのかと思っています。

そういういろいろな方の夢を、ドリプラという場を通じて応援していきたいです。
応援することによって、日々成長していく。
みんなで一緒に作り上げていく。
これからの盛り上がりが本当に楽しみです。
いろいろな方のご協力を頂ければ幸いです!
posted by ドリプラスタッフ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

夏のアントレプレナー訪問日記 〜但馬牛〜

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。
夏休みは明けましたが、島根の元気をもらったおかげで、心の内からメラメラとやる気が湧いてきます。

アップが遅れましたが、島根の後に訪問した兵庫県の牛飼い、田中一馬さんのご紹介をします。田中さんもドリプラ書類審査にエントリーしています。


田中さんは但馬牛の繁殖農家。
牛が耕す国づくりを目指して、放牧を取り入れながら、牛飼いの楽しさ、農家の素晴らしさ、牛の役割、命を育むことの大切さなどを伝える仕事をしています。
最近は地元小学生に牧場に来てもらい、牛と触れ合う体験教室も開いているそうです。

田中さんが楽しく輝きながら仕事をすることによって、その姿を見た人が農業をかっこいいと思う。そして農業を志す。一緒になって地域を創っていく。国を創っていく。
田中さんの夢は、畜産/放牧牛を通じて、地域を変えること。
自分の事業がうまくいくことだけを目標としているのではなく、自分自身の事業が周りにいい影響を及ぼし、次の世代につなげる役割を担うこと。
そう語る田中さんの姿が本当にカッコよく見えました。

但馬牛放牧.jpg

早朝から牛飼いの仕事をして、夜は夢の事業について毎日考える。
彼曰く
「日々の作業でくたくたになってそれで一日が終わってしまったら、それこそ本当に夢もおしまい。」
本物のアントレプレナーが、ここにもいました!

一馬さん、ありがとうございました。
次回はもう少し労働力として活躍できるようにしますね。
posted by ドリプラスタッフ at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

島根感動ツアー

今私は島根からの帰り道。
いろいろと寄り道をしながら東京に戻っています。
島根から鳥取、兵庫県の但馬地方、そしてようやく京都に着きました。

関東で育った私にとって、山陰地方はいつか行ってみたい憧れていた土地。
期待通り、素晴らしい出会いがありました。

9日、10日は島根感動の旅路。
9日はしまね起業家スクールの発表会を見学。
島根でやることを見つけた方たちの、プレゼンテーションを聞きました。
迷いがない!
発表者にすべて共通しています。
プレゼンテーションは生き方そのもの。しまね起業家スクールのプレゼンテーションは、人生の覚悟を話していました。
主催者はいろいろと苦労はあるかと思いますが、島根には確実にアントレプレナーシップが根付いています。

発表者.jpg


翌日10日は、島根感動ツアーと銘打って、島根をめぐる旅。
今回の目的は、情熱大陸にも出演したシックスプロデュース、洲濱正明さんの牧場を訪ねること。
彼は自然放牧を行い、四季を感じることができる牛乳を生産している。
牧場に着くと牛たちがのびのーびとしている姿が。

牛さん.jpg

大地からたくさんのエネルギーをもらって生きているようです。牛さんたちは心なしか笑顔に見えます。
この牛さんの牛乳はおいしくないはずがない!
その後洲濱さんの牛乳が飲めるカフェにも立ち寄り、ソフトクリーム、ジェラート、牛乳を頬張ってきました。
ウマすぎです。
島根に行くときは、是非このカフェに行くべし。
遠くてもまた行きたい場所です!感動価値ですね。


そのほか、縄文レストランや出雲市の和菓子屋さんなど、グッとくる場所をいくつもめぐりました。

どこも共通しているのは、やることが明確に決めていること。
それに向かってできるところから動き始めていること。
その姿と心意気に、感動したツアーでした。


また行きたいです、島根に。
この旅で出会った方すべてと、ご協力いただいた皆様に感謝!
本当にありがとうございました。

明日は旅の続きを報告します。

旅は続く.jpg
posted by ドリプラスタッフ at 20:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。