2010年09月29日

私がドリプラに関わる理由

こんにちは。
ドリプラ実行委員会事務局の川合です。

ドリプラコンセプトムービーが大変好評です。

見ていただいた方から、

タオル必須!
自分の姿と重なった!!
こうやって決意していきたい!!!

勇気を与えることができ、本当にうれしいです。
ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございます。



このコンセプトムービーをつくる中で、自分自身が
なぜドリプラに関わっているのか、考えました。

ドリプラの魅力は何?
なぜ自分はやっているの?

今日はちょっとだけ、書いてみたいと思います。


私はドリプラ事務局を担当して2年半がたちます。

関わったきっかけは、学びたい。
未来をつくる活動を、仕事としたい。
そんな思いを持って飛び込みました。

初年の2008年は、わからないことだらけでした。
2007年を立ち上げた中心メンバーがいなくなり、
今のコアスタッフメンバーがいて、その中に飛び込んで
始まりました。

当時のスタッフの方に、

『川合君は何ができるの?イベント運営とかやったことある?』

と言われて、

『ほとんど経験はないです!頑張ります!!』

と思ったのが、懐かしいです。

私はずっと、半導体の営業をやってきて、お客さんとなにか
新しいことに取り組むこと、人が売らないものを売ること、
依頼されたことをやること。
誘われた飲み会は欠かさないこと!
を大切に、やってきました。

休みの日は、渋谷で花育てをして街づくりをする、
シブハナ活動を5年くらい続けてきました。(今でもやっていますが)

しかしだからと言って、その経験が直接ドリプラの運営に
活かすことができるわけではなく、学び続けること、
それこそ修行!と思いながら、ただひたすら、目の前のことに
没頭していたように思います。

そんな私だったので、初めて運営に携わったドリプラ2008が終わったとき、
自分の力でできたのではないこと、支えてくれた仲間の存在、
いろいろな方が声をかけ、集まってくれた仲間の存在が、
本当にありがたく、懇親会の壁際で涙していたことを、昨日のように覚えています。



それから、私のテーマはこのドリプラをつくる仲間に感謝しよう、
仲間が輝くドリプラをつくろうと思ってやってきました。

しかし、思うとやるのとでは大違いで、これがかなり難しい。
まさにチャンス!の連続。

今までの自分ではできません。
みんなでやるつもりが、ひとりよがりになっていたり、
自分の思いを実現するために、押し切ってしまったり、
役割をまかせようと思って担当をお願いしたら、
丸投げになっていたりと、もう散々。

そんな私がいても、ドリプラをつくろう、最後まで
やり抜こう、最高の舞台を、プレゼンターが輝いて、
お客さんも本当に感動するドリプラにしよう考えてくれる
スタッフに囲まれ、昨年は伝説が生まれました。

伝説の誘導。
感動のコンシェルジュ。
映像制作。
舞台作りと感動の舞台裏。
札勘、表彰…
その他たくさん。

今思い出しても、かけがいの無い経験でした。
そして、力を合わせられたことに、心底感動しました!


そのうえでの今年。
今まで共に歩んできた仲間と、新しくドリプラに関わってくれた
仲間とがかけ合わさって、それぞれの力を発揮して、
さらに新たなことに挑戦しながらつくるドリプラ。

この出会いや学んだこと、経験したことを、一生の
こととなるよう、一人ひとりの応援をさせていただき、
私自身も全力で突っ走りたいと思います。


ドリプラに関わった、一人ひとりが輝き続けること。

それを実現すること。
私のドリプラで実現したい夢のひとつです。


私のドリプラに関わる理由、
それは、本当の感謝を覚えること。

あと71日間、この気持ちを常に持ち、やっていきたいと思います。


これ以外にもドリプラに関わる理由、やりたいことはあるのですが、
まずは原点に立ち返ってみました。
posted by ドリプラスタッフ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリプラスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164154843
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。