2010年09月24日

ドリプラ2010のイメージカラー Aurora

こんにちは。
ドリプラ実行委員会事務局の川合です。

ドリプラ2010のテーマカラーであるオーロラ。

ドリプラのパンフレットに採用しています。
その種類は10種類。
夢の10ヵ条が、一枚に一つ、書かれています。

なぜオーロラが、今年のドリプラカラーなのか。

毎年のドリプライメージカラーには、それぞれメッセージが込められています。


今年のメッセージは、地球の神秘。

オーロラが存在するということは、地球が生命豊かな証拠だそうです。

地球が磁場を持ち、自転することにより、太陽風に乗ったプラズマ粒子が極方向から地球に降り注ぐ。

そのプラズマ粒子が大気に触れ、

酸素原子とぶつかると赤系と緑系に輝き、

窒素原子とぶつかると、ピンク系に輝く。


オーロラが存在することは、大気があること。
そして生命の根源である、太陽があること。

それぞれが絶妙のバランスで存在することにより、
あのような素晴らしいオーロラが発生しています。

まさに地球上のいのちの輝き。


ドリプラも、プレゼンターが徹底的に努力をし続けること、
そして相互支援すること、多くの人が関わり、力を合わせて
夢を応援することにより、想像もできなかったような夢が生まれ、
感動の涙という人類の神秘と遭遇することができる。

ドリプラで起こる奇跡を、オーロラに重ね、この素晴らしい地球を未来につなげる象徴
として、今年はオーロラをテーマカラーとしています。

aurora.JPG


そしてこの素晴らしい写真を提供して頂いているのが、

星景写真家の中垣哲也さん。

オーロラに魅せられ、この道で生きる覚悟をし、ずっと夢を追い続けている中垣さん。

元は放射線技師だったそう。
年に一度の長期休暇の際、オーストラリアで出会ったオーロラに衝撃を受け、
以来星景写真家という自分の道を切り拓いています。

なぜ前の職業を辞め、写真家になられたのかと伺ったところ、素敵な一言が。

『あまりにものオーロラの美しさに衝撃を受け、踏み出してしまった。』

元々星が好きという素養もあったようなのですが、人生が変わる究極の
オーロラ体験があったんですね。


ドリプラで使わせて頂いている写真は、冬のアラスカやカナダ極域での極寒の中、
まさに命がけで撮影された作品です。

星景写真家 中垣哲也さんの紹介や活動は、Webサイト オーロラダンス をご覧ください。


オーロラのメッセージを大切に受け取り、人間の持ち得る可能性や相互支援によって、
人類の神秘と未来を生み出していきます。
posted by ドリプラスタッフ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリプラ最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163661313
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。