2010年07月13日

介護ドリプラワクワクレポート!

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。

6月19日(土)に、介護界ドリームプラン・プレゼンテーションが開催されました。

私はちょうどプレゼンターエントリー説明会だったので、行けませんでしたが、
ドリプラスーパーサポーターの林氏と岩本ワードショップ店長が応援に行きました。。

ものすごい感動を体験したそうです。

その報告です。

文 林侑輝
写真 林侑輝、岩本店長、介護界ドリプラ実行委員会



<いわて介護界ドリプラ感動報告>

日にち 2010年6月19日(土) 
場所 盛岡 アイーナホール


○会場

アイーナという先進的なかっこいい
会場で行われました。
550席あるそうです。満員御礼です!!

素敵な会場です内部.jpg


○介護界ドリプラタイムテーブル

15:15〜16:45

介護ドリプログラム.jpg

○ドリプラの内容

主催者の一人、松舘敦子さんのオープニング映像から始まりました。

ドリプラ2009のオープニング映像を思い出させるすごい映像です。
松舘さんの思いはオープニングから伝わってきました。

そして、5組のプレゼンターが発表いたしました。

-----------------------------------------------------------------------

<1人目:戸津 英樹さん ー伝えたいもの、父から娘へ、そして孫へー>

自分が高校生の時におじいさんが亡くなりました。
体中に管が刺さり、チューブだらけの姿が頭にずっと残っています。

亡くなる前に、おじいさんと約束したこと、それは、
「自分が、介護できるようになるから!」

その想いで介護の仕事についたが、体力的・精神的な現実の壁がありました。
そう思いながらある時、娘にこう言われました。

「お父さんみたいに、わたしも介護の仕事をしたい。」

5歳になった娘が父に将来の夢を語ってくれたのです。
涙が出てきました。

私はこの介護の仕事を通して、たくさんの介護を必要としている方のために、
そして、父から娘へ、そして孫へ・・・そんな介護施設を造ります!

-----------------------------------------------------------------------

<2人目:菊地 将生さん ーシルバーサルスタジオー>

高齢者版ユニバーサルスタジオ、「シルバーサルスタジオ」を作りたい!

歳をとっても、病気になっても、どんな人でもあきらめず夢や希望を持ち続け、
その夢が必ず叶うようにするために!

内容は、ウォーターランド=「1日の水分が補給できるアトラクション」
ターミネーター=「力強い肉体が手に入るアトラクション」
といった、面白い内容がプレゼン中登場し、会場を笑いの渦に!

菊地さんは、介護をしながら昔ある出来事がありました。
介護をしている方にさわろうとしたら、大声でこう言われたそうです。

「さわるんじゃない!!!!!バカヤロー!!!!!!!!!!!!」と怒られました。

それは、自分がこの仕事を早く終わらせたい、効率よく仕事をしたいといった
自分の見え隠れしている気持ちが、出ていたためだったんです。

いつしか、介護が必要な人でもできる動作をも、自分の基準でやってあげようとしていました。
介護を受けている方の気持ちで考えると、親切ではなく、否定になってしまうことを知ったのです。

そんなことがあり、菊池さんは介護している方と一緒に楽しめる
このシルバーサルスタジオを作りたいとプレゼンしました。

-----------------------------------------------------------------------

<3人目:鈴木 良平さん ー運命の銀河ー>

鈴木さんは、昔、茨城県にある日立でエンジニアをされておりました。

商品の説明のためによく外国にも行っていました。
そんな自分が、岩手でまったく畑違いの介護の仕事につきました。

「茨城の日立に帰りたいなー・・・。」

そう思ったとき、岩手に広がる山々、自然を見て、
そして携わっている岩手で出会った仲間、そして地域の高齢者の方々。

多くの人に出会い、その時決心しました。もっともっと介護業界の発展のために
私がエンジニアをしていた経験を活かし、介護系銀河「ゆめさと」を作りたい!

まずは、「介護型モビルスーツ」の開発!!!
介護業界を輝かせたい!


-----------------------------------------------------------------------

<4人目:横山 久子さん ー大家族ー>

白髪が似合うおばあちゃんがプレゼンをされました。
その中で、一番印象に残っている絵があります。

それは、田んぼの田園地帯が広がっている絵に点在する家。
そこから、各家庭のワンシーンが吹き出しで描かれており、
どの家庭も家族が団欒し、夕飯を食べている絵でした。

「人が変わるのに肩書きは関係ありません。世代は家族として継承されていくのです。」
という言葉がものすごく深いなとメモしてしまいました。

全人類、みな家族!
横山さんは、だれもが一つの家族としてつながる世界を
本気で目指している方です。

懇親会でお話を伺ったところ、介護施設の所長さんでした。
雰囲気があり、夢溢れる方でした!

-----------------------------------------------------------------------

<5人目:北田 博義さん ー手紙 〜68歳の父へ〜ー>

大学卒業後、東京で働いていましたが、
ある時、父が糖尿病で倒れたと連絡がありました。

町医者だった父の後に、自分もその背中を追って
地域の担い手となったのです。

やればやるほど、父の存在の大きさに気づきました。

そんなある時、部屋の戸が開いていたのでのぞいて見ると
コーラを飲んでいる父がいました。そして私にそっと言いました。

「内緒だぞ?」

それから、父とはことあるごとに二人で話をするようになりました。
私にとって、絶対ずっとそばにいるだろうなと思う父。

しかし、父は亡くなりました。

それを機に、福祉業界に入り
「父親にできなかったこと」、「父親と話せなかったこと」を深く考えるようになりました。
それを理想の介護とすることも、一つの道ではないだろうか?

〜手紙 音読〜



-----------------------------------------------------------------------

○主催者の思い(主催:松舘さん、菊地さん)

松舘さんから、懇親会の場でいろいろと聞くことができました。

この6ヶ月間、ドリプラを知っているのは私だけ。
本当に大丈夫か?という中スタートしました。

最初は、メーリングリストを立ち上げても全く投稿がない。
話をしても反応がない。

「なんか、がんばろうがんばろうって、私の押し付けにも見えてきちゃったんです。」
松舘さんも、たくさん悩んでいたそうです。

「でも、絶対何かしてやろう!」
最後まであきらめないと決めていたから!と松舘さん。

そんなこんなで開催まで残り一ヶ月前となりました。

合宿を開催し、そこでプレゼンのブラッシュアップをし、
何かに気づいたプレゼンター達。

そこで、スイッチが入ってしまったそうです。
残り一ヶ月、そこからが今日のプレゼンの一歩だったと、松舘さんが語ってくれました。




・・・さらに、酔っ払った!? 八丸さんから話を聞くことができました。

そもそも、ドリプラ2009で私(八丸さん)と菊地さん(ぬぐまるの家代表/介護界ドリプラ主催)がたまたま出会ったんですよ!
しかも休憩のトイレで!

そこで菊地さんから、主催したいのでぜひ協力して欲しいと頼まれたんですよ〜!
もちろん、私にできることは何でもしますってね!

それが介護界ドリプラのきっかけだったそうです。

ちなみに、八丸さんはドリプラ2009の時に、
たくさん並んでいる女子トイレの列を見てこう思ったそうです。

トイレ休憩で化粧を直して、プレゼンを見て泣いて
また化粧を直して、プレゼンを見て泣いて、・・・。

「みんな泣くんだから、化粧しなくていいんですよ〜!私はするのをやめました〜!」

八丸さんが面白くて、たくさんお話させて頂きました。



-----------------------------------------------------------------------

○プレゼンターの印象、表情、思い

控え室から全員緊張の面持ちです。
でもどの方も笑顔だらけです。本当に!
思いは変わらず、プレゼンは堂々と語っていました。

緊張の面持ちの中、最終チェック.jpg

この6ヶ月間、だれもが「良かった!」という声しか聞きませんでした!
突き抜けた表情からは元気が溢れています。
話すだけでこちらが笑顔になりました。

-----------------------------------------------------------------------

○チャンス

やっぱり大チャンス到来!
当日用意したPCがほとんど機能しなかったという、聞いたことがあるようなチャンスありました。裏方にはつきものですね。。
5台以上用意したPCの中で、動いたのは一台のみ・・・。
林・岩本が控室に到着した時、そのチャンスの最中でした。
それでも、何とか開始前に持ち直した松舘さん、八丸さんとプレゼンターのみなさん!
試練は乗り越えられる人にやってくる。
開始前に一段と結束するために、用意されていたチャンスだったんですね!

みんなでそろってエイエイオー.jpg

-----------------------------------------------------------------------

○参加した感想

松舘さんのオープニング映像が、クオリティが本当に高くて、すごかったです。
今までのドリプラの歴史、ドリプラの由来から始まり、
「ドリプラは、いわて起業家大学でも講師をしている福島正伸が始めました」・・・というロールも流れていました!
ドリプラ色が初めから全開!でも見ていて違和感が全くありませんでした。

各プレゼンターの方も、「本気の本気」です。
最初の方も、感極まってすすり泣きながらのプレゼンです。
もちろん一番前で僕もうるうるしていました。

5人に共通する思いは、介護に携わるきっかけから
自分の本当の気持ちに気づく過程が描かれており、
あちこちで、客席からすすり泣く声が聞こえてきました。

僕も泣きました!いえ、泣かされました。
でも大丈夫です、胸ポケットに、厚生地のハンカチを準備しており、
涙は綿100%のハンカチが吸収してくれました。

どの方も最高のプレゼンテーションでした!

プレゼンターは最高の表情に.jpg

あ!言い忘れましたが、なぜか一番前のコメンテーター席に
林・岩本は座らせていただきました。550人の一番前です。
覚悟をする暇がなかったです・・・。しかし、気持ちは全力で臨んでいました!

到着後、
松舘さんより、
「今日のコメンテーターをお願いします!」
林、
「マーイプレジャー!この日のために、はやてで来ました!」
なぜか到着早々、コメンテーターに決定。チャンス到来。結果オーライ?

そして、最後の総評にて、
講師陣がいるのにも関わらず、指名された林。
550人の前で何とかメッセージを伝えました。とんでもない経験になりました!これは素直に嬉しいです。やった!

介護ドリプラコメンテーター林.jpg

さらに、一人だけのコメントで終了するはずだったのですが、
最後の最後、プレゼンターへのメッセージを、「アントレプレナーセンターの岩本さん、お願いします!
と指名され、岩本さんも大勢の前でコメントをしました。

2人そろって貴重な場で、発言できたことが強烈に残りました。感謝でいっぱいです!

その後の懇親会では、プレゼンターの方から
ドリプラとの出会い、支援会について話を聞くことができました。
話を聞いていると、仕分けが終わったメンターカードが懇親会場にやってきました!

それを受け取り読んで、泣きだしてしまう方、じーっと見ている方、
いつも間にか懇親会なのにプレゼンター・支援者の方全員が、メンターカードを読み始めています。
この光景を見て、松舘さんも八丸さんも最高の笑顔だったのが印象的でした。

そして帰り間際まで、八丸さんの笑い声が最高に会場にこだましていました!

ドリプラが地域に根付いていく鼓動がアイーナで聞こえました。
夢を語り、仲間が集まり、人が輝く場所=ドリプラ!
参加させて頂き、本当にありがとうございました!

-----------------------------------------------------------------------


最高ですね。介護界ドリプラ。

このドリプラも工夫が盛りだくさんで、私が一番すごい!と思ったところは、
なんと介護学会のプログラムの一つに、ドリプラを組み込んでしまったというところ。
夢を語るには場所も機会も問わないのですね。


主催のぬぐまるの家 菊池さんは、今年1月に開催したドリプラ主催者説明会で、お会いしました。
その時すでに日程を決めていて、今回相当の想いでここまで来られたんだなと思います。
その姿に勇気を頂きました。
本当にありがとうございました。

業界内で夢を語るということ。
これは、その業界を新しい方向に持っていくきっかけになると思います。
同じ業界の人が、これだけ夢を持っている!
それを連続して5人も聞く!!

間違いなく大きな一歩を踏み出したんだと、心から感じることができます。
そして、その業界そのものが、より身近なものとして理解できます。

介護界ドリプラにかかわったすべてのみなさま、本当にありがとうございました。
この一歩は本当に大きな礎になると確信しています!

プレゼンの映像などあれば、是非とも見たいですね!!
今度松舘さんに聞いてみよう。。。


posted by ドリプラスタッフ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地域のドリプラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。