2010年07月09日

上海ドリプラレポート!

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。

☆★☆★☆★

理念経営を通して、500人の会社が劇的にかわる瞬間を
つくりだした、元ナガノトマトの社長 中村仁さんの
講演が、Jカレッジであります。

文字通り『命を賭して』社内改革を実践した中村さん。

キリンビール本社からナガノトマトへ出向し、社員の方々と共に
改革をされました。
親会社からの出向という立場での改革には、多くの困難があったかと
思います。

このお話は必見です。
私も昨年一度だけお話をし、その覚悟を決めた行動に心打たれました。



「されど会社は理念で変わる」
〜社員に成長を、仕事に魂を、会社に変革を、社会に感動を〜

■日時:2010年7月23日(金)19:00〜(18:30受付開始)

■場所:JALビル25階 レセプションホール

■アクセス:モノレール天王洲アイル駅徒歩8分
      りんかい線天王洲アイル駅徒歩1分
 地図 http://www.jalux.com/profile/access.html

お申込みはこちらへ
http://jcollege.jp/

中村さんの著書もございます。

500人の会社が劇的に変わる瞬間

☆★☆★☆★


さて、上海ドリプラのレポートです。

豆飛び立つ.jpg
豆も海を越えました。
さおりんありがとう!


上海ドリプラは、7月3日(土)に開催されました。
先日も書きましたが、なんと3回目の開催。
地域ドリプラのパイオニアです。
上海ドリプラの発起人 ヂョンさんには、中国に商人を広めていきたいという
夢があります。


良い商品を、良いサービスを、よい価格で提供する。

自立相互支援という考えは、中国で働く人材にこそピッタリではないか!

2007年に第1回のドリプラを見たときから、いち早く取組んで来ました。

3年以上の時を重ねて開催された第3回上海ドリプラ、本当に素晴らしい会となりました。



司会はドリプラ2009プレゼンターのカリナさんです。
カリナさんは司会.jpg

スタートは上海ドリプラの理念と説明をヂョンさんから。


その後5名のプレゼンテーション。

全てのプレゼンターは、事業の価値が明確で、そのサービスを
明日にでも受けたい!

と思わせてくれるものばかりでした。

1人目は

野間貴久子さん
劇場型レストラン『Nomad Land』

お芝居を見ながら食事をできるだけでなく、劇中に出てくる食事と同じメニューを
お客様が食べられたり。
日によって舞台が変わるので、見たい舞台に合わせて予約ができたり。

芝居によって自分らしさを表現してきた、芝居によって自分を築いてきた
野間さんだからこその夢でした。

ここは家族と行きたいですね!


2人目はIKKIさん。
輝け!情熱プロフェッショナル
日本文化ガイドプラットフォーム

IKKIさんは中国の方です。
日本文化を紹介するサイトを立ち上げ、そこで日本を紹介するだけでなく、
ガイドとしても活躍できるプラットフォームをつくります。

日本の文化が大好きで、セイント聖也に刺激を受け、それ以来
たくさんの日本文化を中国で発信している彼女。

日中お互いの国で、お互いのファンが増えること。
メディアではなかなか見れない事実を目の当たりにしました。
私もドリプラを通じて、中国の空気を紹介するガイドになりたい!
そう思いました。


3人目は小粥崇史さん。

『みどりのゆび』という、自分の才能を通じて世界を変えるという本と出会い、
その世界観を表現するカフェを中国でオープン。
好きな音楽、中国茶、そして創作スイーツを提供するカフェを通じて、
関わる方にその才能を気づくきっかけを与えていきます。

このお店はすでにあるので、すぐにでも行きタイ!です。


4人目はウーフェンさん。

農家楽という、中国の農家に泊まる旅を広めていきます。
とくに、中国で働く外国の方に、農家楽の良さを広め、
中国農村地域の活性化に貢献し、人々が笑顔になれる社会を創造します。
農家と企業家が交流することにより、お互いが元気になる。
中国の新たな一面を知りました。


5人目はクララさん。
おんがくの森クララ プロジェクト
人と人とがつながる音楽会

大人も子どもも一緒に音楽に触れ、楽しみ幸せを共有する場所。
音楽と触れ合わなくなった大人にも、気軽にふれあう機会となります。

私もいま一度、昔からの憧れであったトランペットを吹けるのか!
興奮しました。


どれも事業の価値がシンプルに表現しているので、ものすごくわかりやすく、
共感するプレゼンでした。
同時になぜそれをやるのかがよくわかり、正直、感動大賞、共感大賞の
投票をするのがすごく難しかったです。


さすが3回目!
と思わせてくれる内容に、私もさらにやる気になりました。


会の最後にはヂョンさんが、来年も開催します!
の宣言。
ヂョンさんが頑張るだけでなく、運営メンバーである上海相互支援組織(S4)
が自立して会をつくっています。

上海主催者ヂョンさんとプレゼンター.jpg

ここで上海ドリプラの工夫をいくつか紹介します。

会場内にはDJがいて、始まる前や休憩時間を盛り上げていました。

会場にはDJが.jpg

会場後方にはプレゼンテーションのテーマが貼ってあり、常に
そこにプレゼンターが待機しています。
メンターカードを手渡しで渡せるように、プレゼンターがどこにいるのか
すぐにわかるようにしてあるんですね。
これはすごい!

プレゼンターブース.jpg


今回上海ドリプラへは、歴代プレゼンターも発表しに行きました。

2008プレゼンターでは
土川さん、小島さん

2009プレゼンターでは
ドリベジ山本さん


応援に千田さんや、コメンテーターである上村さんも
参加。

歴代プレゼンターも応援に.jpg

コムネット安藤さん.jpg
ドリプラ設営をしていただいているコムネットの安藤さんも!

当たり前のように夢を応援していますが、ここは中国上海。
海を越えて夢で繋がれるんですね。

そんな現実がここにはありました。


『夢はつながる。』


是非とも来年、また多くの方と一緒に上海ドリプラの観覧に行きたいと思います。


毎年毎年進歩している上海ドリプラ。
来年がまた楽しみです。


posted by ドリプラスタッフ at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 各地域のドリプラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
川合さん

ヂョン@しゃんはいです。早速ブログに書いて下さって心より感謝申し上げます。皆さんでお越しいただけてとても嬉しかったです。

来年も上海で皆さんとお目にかかれるよう、私たちも一歩ずつ進んでいきます。これからも何卒よろしくお願い申し上げます。

ヂョン
Posted by ヂョン@しゃんはい at 2010年07月09日 18:15
ヂョンさん
ありがとうございます。
毎年上海に行くたびに、刺激を受け、中国の実情を知ることができます。同時に己を知る機会です。こんなに素敵なことはありません。来年も多くの方と一緒に上海の熱気に触れ、変わるきっかけにしたいと思います。
Posted by ドリプラ事務局 川合 at 2010年07月10日 09:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。