2010年04月03日

支援者の心得を学びました

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

実家近くの銭湯が31日をもって廃業していました。
うーん残念。薪でお湯を炊いていた、素晴らしい銭湯
だったのですが・・・


その31日に第3回ドリプラスタッフ説明会を開催しました。
いいですね、この生まれる感じが。
年度末だったのですが、30名近い参加者。

お越しいただき、ありがとうございます。

今回は働くパパが輝く事業の東浩司さんがプレゼンテーションをして頂きました。
イクメン、パパ友が世の中をにぎわせていますが、その火付け役に
なっています。
多くの自治体でも父親育児参加支援活動が始まっていて、まさに時流に乗っています!
最高に楽しい毎日です。

とお話されていました。

東さんイクメン.jpg

またスタッフ体験談では、2007年の第1回大会から司会を
やって頂いている小畑さん。
そして浜松からいつも手伝いに来て頂いているきんちゃんに
お話し頂きました。

スタッフ対談その3.jpg

ドリプラの舞台裏、実はこんなにもいろいろなチャンスが
多いのか!と思うくらい、私も知らないドラマがまたまた
起きていました。
それを各人の踏ん張りと、誰かの応援で乗り越えている。

小畑さん曰く、

『ドリプラスタッフをやれば、どんなことが
起こっても動じなくなる』

笑顔で話すその体験を聞いて、嘘じゃないなーと思いました。

東さんのブログでその雰囲気が書いてあります。
その1

その2

ご覧くださいね〜。


さて、来週8日(木)と14日(水)はドリームメンター説明会が開催されます。

ドリプラの支援とは?
昨年の体験は?
今年は何を目指す!

といった内容で開催する予定です。

こちらはドリプラ2010の支援者候補の方だけでなく、
スタッフや各地でドリプラを主催する方、今後
したいと考えている方も参加可能です。

お申込みはこちらから。参加無料、感動倍増です。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e79f168791140

是非ともお越しくださいね。


そのドリプラの支援。
ドリプラの!!と聞くと力がはいって、どうすればいいのか
わからなくなってしまいますね。
特別なことをやっているんじゃないかって。

昨年ドリプラ支援者(ドリームメンター)を
経験した小澤さんから素敵なポイントを聞きました。

○目線を合わせ、一緒にいて、一緒に考える。
○肩に力を入れない。やる気にさせるぞーと気負わない。
○困ったらプレゼンターに質問する。
○思ったことを率直に言う。

人それぞれの支援のやり方でいい!

いろいろ経験され、悩んだ結果この支援の考えに
いきついたそうです。

自然体でそのままでいけばいいんですね。


私自身も、事務局として運営に携わっていて、
たまに自分自身を見失います。
そんなとき、事務局メンバーに相談します。

自分の考えは客観的にどうなのか?
スタッフのたじーは、ガンガン私の軸を修正してくれるので、
重宝しています。
ありがたや。


そして本日3日は、神奈川ドリプラ説明会。
15時〜17時で、大倉山記念館 会議室第6で開催。

神奈川県の方、是非ともお越しください。

神奈川でなぜドリプラなのか、どんなドリプラを
開催するのか、お話し頂けます。

私も参加させていただきます。
一層の元気をもらいに!


posted by ドリプラスタッフ at 01:05| Comment(1) | TrackBack(0) | ドリプラ最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本だけでなく、
大人だけなく、

もっと大きく広がる
ドリプラにしたいですね。

僕は今年も一番ドリプラのことを想いながら

「ただの通りすがりの支援者」に
なりたいと思います。

いつも川合さん、ありがとうございます。

Posted by 松江隆明 at 2010年04月17日 03:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。