2010年01月20日

ドリプラ用語辞典

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

昨日はドリプラ2010の予選候補会場見学。
あまりにもカッコ良く、ちょっと興奮しました。
本選会場であるJCBホールとはまた違った雰囲気。
今年は相当格調高くなりそうです。

予選会場候補その1.jpg

さてどこでしょうね。
そろそろ決めないと!


ドリプラをどう企画運営していくのか。
主催者向け説明会に向けて準備するなかで、
たくさんの疑問、知りたいことが出てきました。
自分が主催者だったらという視点で。


○ドリプラのプレゼンテーションはどうやったら作れるようになるのか。

○相互支援会はどうやるのか。支援とは何なのか。

○ドリプラを通してこの地域、業界、世界をどうしたいのか。

○ドリプラとは一体何なのか。どう説明すればいいのか。

○ドリプラのルールは。

○プレゼンターや支援者はどう集めるのか。

○プレゼンターはその後、どのように活躍されているのか。フォローはしているのか。

○ドリプラで関わった人、開催した地域は今どうなっているのか。

○予算はどれくらい必要か。

○スケジュールは。。。

とめどめなく出てきます。

主催しようと思ったら、それこそ一から作り上げる必要があるので、
本当にすごいですね。
わからないことだらけ。

今まで経験によって積み重ねてきたことを、できる限りお伝え
できるよう、努力していきます。


今年のドリプラは、プロジェクト管理と品質管理に特に力を入れたいと
思っています。
100人近く集まっていただくスタッフの方にどうやって品質を伝えるのか。

これは志と姿勢しかなさそうです。
そのためにこっそりドリプラ用語辞典を作成中。

例えば

★ドリプラ説明会

来場いただく方が、説明会の雰囲気にのみ込まれてなぜかやる気が
出て、夢と希望に胸を膨らませて帰っていく。そのために、会場まで
の動線から笑顔で受け入れる。
参加者が家を出たとき、最寄駅、会場建物入り口からドリプラが
始まっている。たかが説明会。されど説明会。説明会で、ドリプラの
世界観を伝えきる。
なお見学に来ていただいたドリームメンター、スタッフ候補の
みなさまは、同様にドリプラに関わりたくなって、思わず仲間を
誘ってしまいます。


★質問対応

質問は試されごと。相手の目を見て回答する。
質問内容についてだけでなく、志や思いも伝える。わからないことに
対しては、自分自身に挑戦し、回答する。
あやふやな回答はせず、明確に。すぐに答えられない場合は、
別途連絡する旨を伝えたうえで、しっかり内容を確認し、仲間と内容を
確認してから元気っぱいで回答する。


こうであったら理想のドリプラになるのではないか!
自分自身に言い聞かせるつもりで、作っています。
さて今日も頑張ります。

23日開催の主催者説明会のお申込みはこちらから

https://pro.form-mailer.jp/fms/a1d7569d6531

いよいよ今週末です!
全国から志が集まります!
お気軽にお越しくださいね!!


posted by ドリプラスタッフ at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。