2009年07月07日

ワンシート企画書のポイント

おはようございます。
ドリプラ実行委員会の川合です。

今日は七夕ですね。

いろいろな願いや夢を、思いっきり願いたいですね。
日々の努力とともに!


さて、ドリプラの書類審査申込受付も残り1週間となってきました。

ワンシート企画書を書くにあたって、いろいろと悩まれている方も
いらっしゃるかと思います。

そこで、大会実行委員長である福島正伸に、ワンシート企画書を
書くポイントを聞いてみました。

福島正伸の“日々感動” ポッドキャスティングにアップしましたので、
聞いてみてくださいね。

悩んだ分だけ、成長している。前に進んでいる。
自分自身でできるところまで全力でやることが、いいですね。
追うべき理想は尽きないので。

以前私がワンシート企画書を作った時、本当に日々自分との格闘だったことを思い出しました。頭の中、心の中から形になっていないものを吸い出し、言葉にし、絵にしていく。
おかげで自分のビジョンが明確になったことを思い出します。

私はみなさまの夢を応援することしかできませんが、どうか全力で
夢を追うことができるよう、そして健康で楽しい日々を送れるよう、
七夕の今日、祈っております!


posted by ドリプラスタッフ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。