2009年04月30日

パラカップ

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。

昨日東京はとてもいい天気。
前々から予定していた、ハーフマラソンの大会に出場してきました。

「パラカップ2009」

アジアの子供たちのための、チャリティラン。

収益は全て寄付し、スタッフはボランティア。走るとみんなから
ゼッケンに書かれたニックネームで応援されてしまうという、
関わる人すべてが幸せになるマラソン大会です。

私は2回目の参加だったのですが、毎年人気ですぐに定員に達して
しまうので、今回走ることができて本当によかった!

目的がアジアの子供たちを救うという国際貢献事業なので、
こういうことに敏感な若い人たちの参加が多いこと多いこと。
小学生の女の子からお兄さんお姉さんまでみんなから黄色い声援や、
ハイタッチなどで応援され、ランナーは意気揚揚。
暑さ疲れも我慢できます!

実行委員長が、世界にはいろいろな境遇の子供たちがいるが、
その子達のために、私たちが今できることをやっていきたい。

と力強く語っていたのがとても印象的でした。
この心意気に、来年も参加しようと決意しました!


運営側も、ボランティアスタッフも、ランナーも、応援する人も、
みんな楽しく助け合いながら行うイベント。

走る人だけでなく、ボランディアスタッフも参加費を払って
関わるという、驚異のイベント。

やりたいことが明確で、そのための手段としてのRUN。

手法は100万通りといいますが、まさにそれを実行しているようでした。

ゴールすると支援先の子供たちが手作りしたペンダントが
首にかけられます。
一つ一つ個性のあるそのものには、魂が宿り、感謝の気持ちが
伝わってきます。。。

パラカップ.jpg

来年一緒に走れたらうれしいですね!


posted by ドリプラスタッフ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。