2008年10月22日

伝説の第1回ドリプラスタッフたち

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。

ドリプラ支援会ML(メーリングリスト)が盛り上がっています。

ドリプラの大きな特徴である相互支援をする場、それが支援会。
プレゼンターや支援者たちは、MLを通して活発な意見交換をして
います。

昨日支援会を開催した大原さんから、現状の悩みをグループへ投稿。
なだれのように、同じグループのプレゼンター、支援者から
多数の応援が。
みんな本当にすごいメンターです。


さて今日は、毎週水曜夜に開催しているドリプラスタッフミーティングがありました。
今まではコアスタッフと呼ばれる実行委員が集まって開催していましたが、
今日からはドリプラ当日に活躍するスタッフの方々も参加。

昨年司会を務めた小畑さん、運営/進行を務めた山崎さんにお越し頂きました。
お二人の経験からにじみ出るオーラはタダものではありません。

今でこそチャンスタイムと呼ばれていますが、機械トラブルが起こった時に
どうその場をつなぐのか、本番で何事もなかったかのように見事進行して
見せた張本人。
いやぁかっこいいです。
ピンチを本当に楽しんだらしく、思い出を語る顔は至福そのもの。今年は何が起こっても大丈夫そう。

こういう伝説のスタッフが徐々に集結してくると、いよいよドリプラ本番も
近いなと思います。

前回経験したノウハウが蓄積される。
新しいスタッフが、新しい知識を持ちこむ。
こうして、うまく醸成され、素晴らしいイベントにしていく。

本当にやっていて面白い仕事、志事です。
今日も皆様の存在に感謝!

本当にありがとうございます。


posted by ドリプラスタッフ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリプラスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。