2008年08月25日

ドリプラ支援会について その1

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。
季節の移り変わりは早いもので、もう8月も最終週。
来週には応募いただいたワンシート企画書の、書類審査発表を行う予定です。
審査委員の福島正伸がどう発表を出すのか、私自身もドキドキしています。
提出いただいたすべての方のワンシート企画書を熟読しましたが、どれが選ばれてもおかしくない。
そんな内容です。
結果は来週webにて発表予定ですので、それまでもう少々お待ちください。


ドリプラスタッフは今、9月から始まる「プレゼンテーション&事業計画書作成講座」通称『支援会』の準備を急ピッチで進めています。
今年は書類審査を通過した20チームを一斉に支援するため、大規模な支援会になりそうです。
今からワクワクします。

支援者は、以前紹介したメンターズクラブコンサルティングや、相互支援が得意な有志の方々。
もちろん福島正伸もいます。
よってたかってやる気になる支援をしていきます。

支援とは、いかに発表者をやる気にさせるかということ。
評価や批判は一切せず、発表者を信頼し、相手の気持ちになって言葉を伝えます。
応援メッセージだったり、具体的な行動アドバイスだったり。
発表者が本当に解決したい本質を探します。
その本質を解決するための、支援をできるようになったら、ドリプラの価値と魅力はどんどん上がります。

夢(ドリーム)プラン・プレゼンテーションの肝は、この支援会だと思っています。
支援会の価値をどこまで上げられるかによって、発表者の事業の価値も変わってくると思います。
発表者の事業の価値を最大限に上げること。これが支援会のミッションです。
私たちドリプラスタッフにとって、今年の支援会は新たな挑戦です。チャンスです!
頑張っていきます。

進捗など随時このブログにアップしていきますね。



posted by ドリプラスタッフ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリプラ支援会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。