2010年09月05日

夢を発表したプレゼンターのその後は!

こんにちは。
ドリプラ実行委員会事務局の川合です。

昨日も熱かったですね。
昨日午前中は月に1回程度お手伝いさせてもらっている六本木の朝市の準備へ。
テント設営から、お店の出店手伝いまで、久しぶりの参加なので
楽しかったです。
その場で、千葉房総の農家の方にお話を伺いました。
なんとお盆前ににわか雨が降って以来、一滴も雨が降らず、土地はカラカラ!のようです。
おかげで冬野菜の種まきがうまくいっていないみたい。

しかしその反面、トマトやスイカは甘みを蓄え、
美味しいとのこと!
子孫を残すために、一生懸命実に栄養を蓄えているのですね。

自然の力を感じました。



そのあと夕方から、ドリステに行ってきました!

ドリステとは、ドリプラで発表したプレゼンターがその後、
どういう取り組みをして、今何を考え、今後何を目指して
行動していくのかを発表する場。

第3回目の開催である今回は、5人のプレゼンターが来ておられました。

ドリステを主催している、
日本夢大学 斉藤直人さん
奇跡の連鎖 紺野大輝さん
のお二人のほかに、

働くしあわせプロジェクト 石田和之さん
運送業界を変える すぎたつこと、杉本竜彦さん
書道家改め武将 いろは歌を広める 堀之内哲也さん。


トップバッターは石田和之さん。


ダイバーシティマネージャー研修を社内で行いつつ、
同じ志を持った仲間と共に、ユニバーサル・ワールドカフェを
開催し、夢を応援し合うことをはじめています。

仲間の夢を応援すると、それが自分の夢にもなり、その結果、仲間から
いろいろな出番(仕事)をもらうようになったとのこと。

まだ歩は遅いのですが、仲間の存在が夢の実現を後押ししてくれている。

そうおっしゃっていました。
一人ひとりが輝くために、着実に行動していました。


2番手はすぎたつさん。
会うたびに一層の男前になっているかのように感じます。

ドリプラに出て得たことは、
生き方についての軸がぶれなくなった!

人前で話しても、会社で話しても、ドリプラの期間中に生きる軸をずっと
考え続けたおかげで、自分自身を理解したとおっしゃっていました。

また運送業界で、夢を持ってもっと変えていこう、良くしようと
いうことを伝えたけど、何より大事なのは、自分の会社をモデルケースとして、
魅力的にし、みんなにまねてもらうこと。
目の前の社員を幸せにすること。
そこから広がるんだと、熱く語っていました。

すぎたつさんは、ドリプラが終わった後の今年の初め、会社という基盤を
盤石にするため、仕事に没頭していたそうです。
夢に向かう過程で、その大変な時期を支えたのが、仲間の存在。
自分を信じて待ってくれている人がいる。
これが糧で、困難を乗り越えたとのこと。
仲間の存在が、すぎたつさんをまた一段とたくましく、魅力的にしたのだと思いました。


3番手は斉藤さん。
塾の先生らしく、レジュメを配布しての発表。
夢大学を広めていくために世の中に伝え続けています。

そして今は、それを具現化するため、より詳細な計画や
各方面との交渉材料を得るために、準備を進めているとのこと。

『2、3年間表舞台に出てこない期間があるかもしれません。
その時は、関係各省庁と交渉している最中だと思ってください!』

変わらぬ夢へ向かっての決意を話されていました。

詳細な事業計画を立てると同時に、今は夢大学を伝えるための
プレゼンをつくりなおしているとのこと。
今度は泣き崩れません!
と言って、最後は笑いを取っていました!


紺野さんは、ドリステの前に、こんちゃんが企画する旅行の
説明会を開催されていました。

どんな旅行なのか、何の目的なのか、どんな思いでやっているのか。

語っていたそうです。
そして、本当に旅行会社をつくることが夢なのか、
そうではなく、自分に挑戦する旅を開催し、広めていくことが
大切だと気付いたそうです。
なので、その旅の価値を上げるために、旅行を企画し続ける。
その結果、旅行会社が必要な時につくればいい。

来年のGWあたりに屋久島ツアーがある予定です。
私も家族で参加したい!と思っています。


最後は堀之内哲也さん。

パートナーである平井慶祐さんの自慢話から始まりました。
写真家の平井さんは、自分の写真集を出版する時期を遅らせてでも、
堀之内さんの支援を、昨年行っていたそうです。

その姿を見た仲間たちは、今度は平井さんを応援しようと立ち上がり、
6月に写真集が出版されました。

YELL TO YOU 〜エールを送る写真集〜


先行販売だけで1500冊(目標は1000冊)!
プレゼンターでなくても夢を叶えてしまう、本気の姿勢は
仲間を引きつけてしまう!
ということを教えてもらいました。

また堀之内さん本人自身も、いろは歌を広めるためにいろいろと
活動をしており、なんと今月、大阪心斎橋のパルコでイベントを
開催する予定です。

自分がワクワクしないと動けない。
儲かるかどうかではなく、ワクワク楽しくできるかが大切!

堀之内さんの行動原則です。

なので、次から次へと、面白い企画や自身の作品づくりに
励んでおられました。

詳しい活動や、新しい作品は堀之内さんのWebサイトをご覧ください。



みなそれぞれの道を一所懸命進まれている。
うまくいっているかどうかではなく、自ら決めた道を、
一歩一歩と。

ドリステの特別コメンテーターである安達充さんが最後に言っていました。


夢を語った後に、進捗を発表することに意義がある。
是非継続して欲しい。
夢は叶う!ということを、この場で知り、夢を語り相互支援する意義を実績を通して知ることができる。
このドリステが、毎回本当に楽しみです!


次回はドリプラ2009の1年後、12月12日(日)に開催です。
この日はドリプラ2010本選の翌日。
夢だらけの4日間を送れそうです。



さて、これから埼玉ドリプラ。
熊谷で会いましょう!


posted by ドリプラスタッフ at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンターの活躍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。