2010年01月21日

15日(金)に海士中ドリプラが開催されていましたよ!

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

昨晩はメンターズクラブメンタリングセッション
アントレオフィスで行われました。

やる気になってしまった経営者は、WAKUWORKSの和久さん。

アントレオフィスのデザインもやって頂きました。
樹に包まれ、優しい肌触りとぬくもりは最高です。

そんな和久さんが新しく始めているのが
『Natural House project』

身近な木を集め、泥を固め組み上げて作る自然の小屋。
小さい頃隠れ家や基地として作った小さい小屋は、
こんなにも素敵なものになるのかと、聞いていて
本当に癒されました。

この空間がいろいろなところで作られるだけでなく、
みんなが一緒になって作れる場ができるといいですね。

和久さんのそんな思いを聞いて、ふと私も

『木こりになりたい』

と思いました。

思わず泥を固めた泥ブロックでピザ釜とか作れませんか
と聞いてしまいました。
木を切りまきにして、狩りをして木の実を拾い、
作物を育て四季の流れの中で生きていく。
そんなことができたら、本当にいいなぁと。
妄想しまくり。。。

どうやら私も相当木と森と山が好きなようです。



先週15日(金)に、ドリプラ in 海士中 が開催されました。
ドリプラ2008でゲストプレゼンテーションをしていただいた
海士の中学生。

ドリプラの発表を通じて成長していった生徒を見て、
是非とも中学を卒業する3年生に、一人ひとり夢を語って
もらいたい!
教頭先生が音頭を取り、昨年5月から準備を進めてきました。

その過程で、ドリプラプレゼンターである
八丸さん、松舘さん、千田さん、田中一馬さん、星寿美さん、宮田千恵さんなどが
応援として駆けつけてくれました。

8か月の準備を経て開催したドリプラ。
教頭先生からのメールを見て、素晴らしい会になったんだと
感じることができました。

----------------------------------
満足した生徒たちの表情を見ていると
「本当に!やってよかった!」と
思いました。
メンターカードをうれしそうに読む姿は、
1年前、東京ビックサイトで見た
ドリプラ2008と同じでした。

この風景が見たくて、
「ドリプラin海士中」を企画したことを
今さらながら思い出し、一人涙ぐんでいました。
----------------------------------
(メール抜粋)

隠岐島島前、しかも中学生3年生全員で18名という
規模で行われたドリプラですが、夢を語ること、それを聞いた
人が感動して、応援したくなってしまうこと。
関わった人が、一つになること。

様々な苦労があったかと思います。
遅くまで準備に明け暮れたと思います。
しかしその結果、想像以上の感動が起こる。
努力は裏切りませんね。
海士中は本当に素晴らしい見本です。
開催いただき、ありがとうございました。

海士の情報サイト
http://ama-sns.net/amana/


posted by ドリプラスタッフ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリプラ最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。