2009年11月27日

ドリプラ感動裏話 E

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。

今朝、先日入稿したパンフレットの色校正データが
仕上がってきました!
相当カッコいいです。
この場でお見せできないのが残念なくらい。
最後の確認をして、いよいよ製版に取りかかります。

ドリプラの雰囲気や意義、ルール、今までの歩み、プレゼンターの
企画書など、魅力をたっぷり詰め込んでいます。
これを手に取っただけで、ゾクゾクしてしまいそうなパンフレット!

ドリプラ2009会場でお配りします!
お楽しみに!!


それではドリプラ感動裏話そのEです。


本日夕方、プレゼンターの堀之内哲也さんとお話ししました。
地元京都からお越しいただき、夜に支援者との打ち合わせ。
明日午前中も個別支援会に参加し、もしかしたら明日の夜も
個別支援会に参加。

プレゼンターはドリプラにどっぷりつかる日々になっていますが、
それを支えるのがドリプラの中心的支援者である
ドリームメンターがいてのこと。

9月から始まった相互支援会。
全員で参加する全6回の相互支援会以外に、プレゼンター毎に個別支援会を
自主的に開催しています。
そこで活躍するのがドリームメンター

■ドリームメンターとは
夢に挑戦する人に寄り添い、いかなる困難をも乗り越える勇気を与え
続け、相手の人生を輝かせることを本気で楽しむ存在

上記のような理想像を描き、行動されています。

今年のプレゼンターは、北は東北の岩手/秋田から、南は九州沖縄
まで、全国から集まっています。(11都府県)
半数以上は関東以外からのエントリー。
そのためドリームメンターの方々も、距離を超えてプレゼンターの
もとへ応援に駆けつけます。

盛岡で合宿支援を開催したり、岡山島根支援会ツアーを開催したり、
プレゼンターが宮城県に仕事で行く機会に合わせて、仙台の
ドリームメンターの方がその場まで行ったり。
家族旅行で沖縄に行ったにもかかわらず、家族と別行動で沖縄のプレゼンターを応援に行った支援者もいらっしゃいました!

寄りそうということは、ここまでやることをいうのか!

もちろんプレゼンターのいる場所まで行くことだけが、支援や寄り添う
ということではありませんが、それにしてもその身軽さ、行動力には
脱帽です。

相当楽しんでいらっしゃるんでしょうね。

21日に開催された第4回相互支援会会場で、プレゼンターの事業計画を
支援する四ッ柳さんは、支援の凄さをこう表現されていました。

『今まで我々のような事業計画を支援する人間は、階段を一段ずつ
上がっていくような計画を立てていた。しかし相互支援をすること、
よってたかってみんなで夢を応援されたプレゼンターは、その成長の
階段を10段くらい飛ばして、想像もしないようなところまで登って
行ってしまう。この相互支援の効力というのを、考えないで計画を
立てていたことが、私の力不足です。』

いや、四ッ柳さんの力不足ではないです。
想像できないような、今までではあり得ないようなことが起きている。
ただそれだけです。

そしてこれからの世の中は、相互支援することにより、共感を得て
応援を受けることにより、飛躍的に夢の実現に近づく事例が、
いくつも出てきてしまう。

そんな可能性を、ドリプラの支援を通じて感じています。

夢を支援してくれる全ての方に、感謝です。
ありがとうございます。

相互支援によって、想像を超えた成長を遂げているプレゼンター。
その結晶を見ることができます。
ドリプラ2009観覧チケットはこちらからお求め頂けます。
http://qurl.com/q8t6m

相互支援の輪に、一緒に入りましょう!!


posted by ドリプラスタッフ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリプラ最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。