2009年10月28日

日本橋散策

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

今朝は大会実行委員長の福島正伸と東京駅で待ち合わせ、
資料の受け渡し。
これから岡山と高知へ出かけるとのこと。
いってらっしゃい。

明日高知で会いましょう!
ということで、明日から私も高知です。

高知ではなんとドリプラ2009コメンテーターの
中澤さん(四国管財株式会社)たちが中心となり、来年ドリプラを開催する予定。

そのプレ大会ということで、田中一馬さんがプレゼンし、香取貴信さん加賀屋克美さんも応援に駆けつけてくれます。

夢と志で集う高知が楽しみです!
さてさて、どうなることやら。
明日はしっかり寝れるのでしょうか…


東京駅からアントレ夢スタジオまで歩いて出勤。
意外に近く、約20分で着いちゃいます。

朝の日本橋散策は楽しいですね。
江戸時代や明治の名残が、散見できて。

明治初期の学制が引かれた当時の
第一大学区第一中学区第一番小学 阪本学校
東京の証券街である日本橋兜町にひっそりとあります。
谷崎潤一郎ら文化人や政治家などを輩出したそうです。

鎧橋
江戸時代はよろいの渡しがあり、渡し船がありました。
橋が出来たのは明治初期。
その昔は大河が流れ、平安時代には源氏がこの川を渡って言ったとか。
また平将門が鎧と兜をこの地に奉納したという伝説もあり、
そのためよろいという地名がついた等、諸説があるようです。

小網神社
日本橋小網町にひっそり佇む神社。
日本橋七福神の一つでもあります。

ふと散歩しながら、
『ああ、私は古きよき、自分自身は直接見たこともないけど、
日本人としてのDNAに刷り込まれた風景を見るのが好きなんだなぁ。
感じることが幸せなんだなぁ』
と思いました。

東京のど真ん中を流れる神田川、日本橋川などの
上空は、首都高で覆われてしまっているけど、いつか
こんな都心にも、ありし日の空が戻ってくるのではないか。

まあ勝手な妄想ですが、朝から素敵な散歩を楽しませて
頂きました。

今日も頑張ります。


近くに来られた時は、是非一緒に日本橋散策をしましょう。
まだまだ文化的香りがする日本橋界隈です。
posted by ドリプラスタッフ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリプラ最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のコアスタッフMTG

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

今日もプレゼンターが夢に向かって頑張っていました〜!
自分の夢の一つの区切りとして、ドリプラ2009でプレゼンテーションが出来るよう、準備をしている。

個別支援会を開催し、応援してくれるドリームメンターの
方たちがいる。
パンフレット制作に向けて、ワンシート企画書を一所懸命
仕上げてくれるプレゼンターがいる。
仕事や学校のお休みを取って、予選本選会場の下見に来てくれる
スタッフがいる。

ゴールを共有してくれる仲間がいることを考えると、
一日一日を大切に、一瞬を最大限活かし、文書一つに魂を込めようと
奮い立たせてくれます。

本当に、ありがとうございます。
いつも、このドリプラという場に感謝です。


ドリプラ2009に向けたコアスタッフミーティング【以下ドリコア会議】が、今日で終わりになりました。
ちょっとさびしいですが、次週からは関わるスタッフ全てが集まる
All Staff Meetingを開催。

作り上げるプロセスを共有し、一人ひとりの出番を見つけ、
共に歩むため。ドリプラの理念を肌で感じてもらうため。


思えば今年2月から始まったドリコア会議。
私にとっては心のよりどころだった気がします。

何かあればすべてを相談できるところ。
一緒に作り上げる場所。
ぶつかるところもあれば、笑うところもある。
学ぶことしかない場がドリコア会議の場。

この場でいくつも挑戦し、悩み、成し遂げてきました。
本当に今年一緒に走ってくれてありがとうございます!
あと1カ月半、今度はもっと多くの仲間と共に、走り抜きましょう!!


今日のミーティングは、予選本選のオープニングとエンディングを
相談。
検討していたアイディアを一つにまとめ、相当カッコいいイメージが
できあがってしまいました。

こんなことまで自分たちで出来ちゃうんだ〜・・・
という仕掛けになりそうです。

一切秘密です。
当日までお楽しみに。

091027ドリコアMTG.jpg
配られたイメージ図と予選本選スケジュールの資料を望む


オープニングで観客の皆さんが、一瞬でドリプラの雰囲気に
引き込まれることを考えると、楽しみで仕方ありません。

ワクワクして、今日はまだまだ寝れそうにありません。。。


ドリプラ2009観覧チケットは、こちらから↓↓↓
http://drepla.com/
posted by ドリプラスタッフ at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリプラスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

海士中ドリプラ開催です!

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

24日(土)に、第3回相互支援会が開催されました。
ドリプラ2009本番まで50日を切り、プレゼンターも支援者もスタッフも半ば興奮状態。

一人ひとりがいろいろな課題を抱えつつも、
それぞれが努力し続ける場所。

各地で夢を目指して行動していたプレゼンターが一堂に集まる場所が相互支援会。

第3回相互支援会A.jpg

みんなと再会して、お話しして、語り合って、杯を交わすと
本当にいいですね。

普段のやり取りは電話やメールが中心。
悩んでいても応援方法が限られる。

でも相互支援会で直接会えば、何でもできる。
そんな錯覚に襲われます。

今回も100人くらいの方にご参加頂けました。

テーマは価値の創造。
ドリプラでは価値をストーリーに乗せて伝えてもらいます。
ではその夢の事業の価値は何なのか。
その商品、サービスを通して、社会に何を提供したいのか。

各地から応援に来てくれた以下の方を事例に、学ばせて頂きました。
急なお願いをさっと受けて頂き、本当にありがとうございます。


四国管財 中澤清一さん

しのぶ庵 大橋正伸さん

KIZUKI塾/特進塾 増田真一さん


そして今回の特別講座は商標登録について。

ベル特許事務所 嶋宣之さんにお話し頂きました。

嶋さんは『ドリプラ』の商標登録でご相談させて頂いた
弁理士さん。
肩書きからは想像できないくらい熱い方です。


商標とは守るものではなく、育てるもの。
提供する商品、サービスに理念や思いを乗せて、世界に
発信していくもの。

いつ聞いてもシビレます。
この話は是非ともいろんな方に聞いて頂きたいとずっと
思っていました。
一つ、私の夢が叶いました。

ありがとうございます。


次回の相互支援会は11月21日(土)。1ヶ月後になりますが、
その時また、みんな笑顔で、前向きでお会いしましょう!

それまで私も努力をし続けます!!

第3回相互支援会.jpg


全ての人が夢を語る社会に向けて。
今年も20組が見本となって走ります。
観覧チケットは好評発売中です!!

http://drepla.com/



最後に、海士中ドリプラのご案内です!
今年5月から準備を始めていた海士中ドリプラ。
とうとう開催します。

AMAワゴンに乗って、是非ともご参加ください。

開催日は12月4日(金)!

以下、ワクワクしながら読めちゃうご案内です!!


AMAワゴン2009 vol.19 開催決定!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

〜共に創る未来〜  12月3日(木)〜6日(日)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

島根県の北 日本海に浮かぶ
歴史と伝統の島 隠岐國 海士町(あまちょう)

海士町は島全体が国立公園に指定されるほど
自然溢れる豊かな島。
そして、何より心豊かな人々が暮らしている
島です。

そんな海士町で持続可能な島づくりを目指して
始まった交流ツアー“AMAワゴン”も、早いもので
4年目の第19回目となりました。

振り返ってみるとAMAワゴンは回を重ねる毎に
進化し続けてきました。
そしてこれから先の未来もみなさんの心に残る
AMAワゴンであってほしいと願っています。

ということで、
AMAワゴン2009 vol.19のテーマは☆「未来」☆

今回も島の子供たちからお年寄りまで、
多くの方々と交流して頂きます。

未来へ受け継いでいきたいものや、
叶えてほしい子供たちの夢。
そして、今の自分を見つめ、
これからの自分を考える時間...。

地域づくりに興味がある!!
子供たちの夢を応援したい!!
島の暮らしに触れてみたい!!という方、
小さな島で、凛とした生き方をしている
島の人たちとともに同じ時間を共有して
みませんか?
きっと、残していきたい大切なものや
新たな気づき、わくわくする体験が
あなたを待っているはず☆★☆

みなさまのご参加を
心よりお待ち申し上げております!!


【目次】
1.AMAワゴンとは?
2.出前授業の内容
3.プログラム日程等
4.申し込み方法
5.海士(あま)町とは?

┏━━━━━━━━━┓

  1.AMAワゴンとは?

┗━━━━━━━━━┛
町を挙げて持続可能な島づくりを目指す海士町。
2006年、AMAワゴンは、そのまちづくりの中核をなす
「人間力推進プロジェクト」の一環 として、新しい都市地方
交流事業の形を模索すべくスタートしました。

日本の最先端で活躍している講師と島外からの参加者で、
離島の公立学校で「出前授業」を行います。 また、島の自然を
満喫してもらい、地域の人々と交流しながら日本の縮図として
海士町の様々な取り組みに触れることができます。

海士という絶好のフィールドで学び、たくさんの出会いを得て
一生心に残るような体験をしてもらいたい、そんな交流を通して
島と自分をゲンキにするプロジェクトです。

☆今回のお手伝い内容☆
「中学生の夢サポート(出前授業)」+「季節に応じた体験交流」

┏━━━━━━━━━┓

  2.出前授業の内容

┗━━━━━━━━━┛
今年第3回目の出前授業のテーマは、
「夢をあきらめない理由」。

今回は、なんと特別ゲストとして、
今年8月に第1回全国高校生観光プランコンテスト
『観光甲子園』にて見事日本一、
グランプリ(文部科学大臣賞)を獲得した、
隠岐島前高校の生徒が登場します!

http://www.kobeshukugawa.ac.jp/kanko-koshien/


また、今年1年間を通して子どもたちの夢を支援して頂いている
心強いサポーターで、ドリームプラン・プレゼンテーションの
プレゼンターである八丸由紀子さんをお迎えします。

※ドリームプラン・プレゼンテーションhttp://www.drepla.com


子どもたちの夢を、地域が一体となって応援。
そんな“共育”の現場に、ぜひ立ち会ってみませんか。


【サポーター:八丸 由紀子(はちまる ゆきこ)氏】
ドリームプラン・プレゼンテーション2007感動大賞受賞者。
八戸市出身。現在、盛岡市在住。2003年1月「80エンタープライズ,INC.」を設立、
代表取締役に就任。馬事普及とコーチングを中心に事業を展開、牧場を自ら開墾する。
馬のダイちゃんと岩手の街を馬車でパレードする夢をかなえ、ラジオではコーチング
番組を担当するなど、笑顔と勇気をプロデュースする活動を精力的にこなしている。
先日、フジテレビ「奇跡体験アンビリーバボー」で特集。
http://www.geocities.jp/hachimaru80enterprise/

┏━━━━━━━━━┓

  3.プログラム日程等

┗━━━━━━━━━┛
【3泊4日スケジュール(予定)】

12月3日(木) 午後12時40分 海士(菱浦港)到着
                    オリエンテーション
                    島内プチワゴンツアー
                    出前授業打ち合わせ


12月4日(金) 午前 海士中学校での出前授業
             ☆ランチはお楽しみ、島の給食☆
         午後 引き続き出前授業

12月5日(土) 終日 地域密着!体験交流プログラム
             夕食交流会 〜地域の人たちと語ろう〜

12月6日(日) 午前9時50分 フェリーで海士出発

【参加料】 23,000円(一般) 18,000円(学生)
■料金に含まれるもの:往復フェリー代、宿泊代、食事代、島内移動費他
■集合場所までの交通費は各自でのご負担となります。

【その他 注意事項】
■3泊4日のうち、全日程に参加できない方はご相談下さい。
■6日以降も滞在をご希望の場合は、各自で宿泊の手配をお願いします。

主催:海士町(人間力推進プロジェクト)
事務局:株式会社 巡の環(めぐりのわ)

┏━━━━━━━━━┓

   4.申し込み方法

┗━━━━━━━━━┛
【対象】 島の中学生の夢を応援したい人、体験交流に興味のある人など
【募集人数】 限定!!10名
【申し込み〆切】 11月18日(水)まで
参加申込みは下記のアドレスへ
amawagon2008アットyahoo.co.jp
「アット」を@に変換しお送りください。
(担当:叶)

1.お名前
2.所属(学校や活動団体、職場など)
3.連絡先(住所、電話番号、PCメールアドレス)を必ずお送り下さい。

応募人数が定員を超える場合は、先着順となります。
参加確定後、こちらから詳しいご案内をお送りします。
また、ご質問等ございましたら上記アドレスまでお気軽にご連絡下さい。


┏━━━━━━━━━┓

  5.海士(あま)町とは?

┗━━━━━━━━━┛
島根県の北60キロ、日本海に浮かぶ隠岐諸島の中の
一つの島(町)。後鳥羽上皇が流された地としても有名で、
神楽や民謡、俳句などの歴史文化を誇る一方、
島すべてが国立公園に指定されるほどの自然豊かな島。


近年は人口流出と財政破綻の危機の中、独自の
行政改革や産業創出、人づくり、教育施策を推進。
(地域づくり総務大臣表彰の大賞第一号を受賞)

人口約2400人の島に、この5年間で200人ほどが移住し、
全国の自治体や研究機関、海外からも視察が来るように
なっている。

最近では、島唯一の高校「隠岐島前高等学校」の
魅力化プロジェクトが展開され、「観光甲子園」では
日本一(文部科学大臣賞)に輝く。来年からは特進コースと
地域創造コースを新設。全国からの生徒募集を開始した。



〜島の情報はこちら〜
☆海士町HP http://www.town.ama.shimane.jp/
☆島前高校HP http://dozen.ed.jp/
☆海士町の情報発信サイト http://www.ama-sns.net/amana/
☆「離島発 生き残るための10の戦略」山内道雄町長(著)
posted by ドリプラスタッフ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地域のドリプラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

今日は第3回相互支援会です

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

あと10時間もすると、ドリプラ相互支援会が始まります。
早いもので第3回目。
みんなそれぞれの立場で、一所懸命。

プレゼンターもパートナーもドリームメンターも。

一人ひとりがなんとかしようと、努力をし続ける
姿が、MLやいろいろな方からのお話しを通じて
伝わってきます。

今日もあちこちでプレゼンターを応援する個別支援会が
開かれていました。
事務局スタッフもこっそりと参加しているところも。
いいな〜と思いながら私はお留守番。

こういう一つ一つの行動、同じ時を過ごすことで、
どんどんと人と人がつながり、良好な関係が築かれて
いっているんだなぁと思います。

プレゼンターの努力ももちろんですが、それを
目立たぬよう応援し続ける、何かがあったら
駆けつける支援者の姿は、本当に素敵ですね。


そんな活躍の場を支えたい!と思っているのが、
ドリプラのスタッフたち。
こちらも陰ながら活動をし続けています。

ドリプラで応援する人は、陰でこっそりとする人が多いのですね〜

ここ最近は週に一度、10人ほどが集まり企画会議を開催しています。テーマは12/11,12の予選/本選の会場企画。

どうしたら観客の皆さんは喜んでくれるのか。
どういうことをするとプレゼンターにとって最高の
舞台となるのか。

ステージに立つプレゼンターは集中力が研ぎ澄まされ、
何かに取りつかれたように自分の夢を語りだす。
観覧者は知らぬ間に、それに引き込まれていく。

会場はしんと静まり返り、ただただ、己の夢の事業を、
淡々と、しかし魂の宿る声で語りかける。

発表が終わった後は、一呼吸の静寂の後、満場からの拍手が
鳴りやまない。

そんなゾッとするほど感動と共感と努力と興奮とが混ざり合った、
まさにそこでしか体験できない最高のシーンを創りたい。


そんなことを想像しながら、企画を練っています。


毎日の積み重ねが、次につながり、
毎日の繰り返しが、人と人をつなげる信頼につながる。

プレゼンターも支援者もスタッフも、それを信じて
突き進んでいます。


ドリプラ2009観覧チケットは、こちらからお申込み頂けます。
http://drepla.com/

posted by ドリプラスタッフ at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリプラ支援会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

スターリィマンが日本中に風船を飛ばし続けています

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

17日土曜日に友人の結婚式に行ってきました。
友人や親族、ご両親が一堂に会して夫婦の前途を
願う式。感謝を表す場。いい場ですね〜。

式場.jpg
ヒノキのウッドチップが敷かれた式場。調和の取れた空間でした。

10月はドリプラも結婚シーズン。

ドリプラの関係者が先日何組がご結婚されました。
本当におめでとうございます!

今後のご多幸を願っています。

思い起こせば私も1年前の10月に結婚。
無事1周年を迎えることが出来ました。
これもドリプラスタッフをはじめ、みなさまの支えがあったら。
これからも理想の夫婦を目指し、楽しくやっていきます。


さて話は戻りますが、友人の結婚式で素敵な方と出会いました。
司会を担当された大塚玲奈さんはエコトワザの社長さん。

日本のエコとワザを世界へ
日本に伝わる技能や匠の技、エコロジー発想から生まれた最新技術
を世界に広め、地球環境への人間社会の負荷を下げることを理念に
掲げ、頑張っておられます。

日本の伝統文化や考え方、最新技術は、自然との共生に根差さしていて、それがこれからの世界の役に立つ。

この軸をぶらさず活動を続けている姿が印象的でした。

またこの会社の発行メディア『eco+waza』が本当にかっこいい。
私にとって衝撃的な構成、デザイン、内容でした。

日本にはこんな技術があるのか!
そんな驚きと好奇心と共に、読ませて頂きました。

ご興味があれば是非手にとって見てくださいね。
私も1冊持っているので、ご連絡頂ければお渡ししますよ。

ドリプラパンフにとっても、勉強になることばかりです。
世の中見本になるものばかりですね。



ここで情報を一つ。
スターリィマンがまたまた大活躍するようです。

先週事務所にお越しいただいたはせがわ祐希さん。
最新情報のご報告を頂きました。
いつもお気づかい頂きありがとうございます。

下記イベントでスターリィマンのプレゼンをするようです。
しかも内容をバージョンアップして。

どうやら日本の心の軸として、象徴として発表される模様。
動き続ける、挑戦し続けるスターリィマン。

どこまでも風船が飛んでいきますように、応援しています。



☆「よい国つくろう!」日本国民会議 設立大会☆
〜スターリィマンファミリーで実践発表の
プレゼンテーションを行います〜

http://www.nippon-kokuminkaigi.jp/forum.shtml

「志を持って生きている国民による実践発表!」
という場面で、スターリィマンが発表される予定。

なんとこの会に向けて新たに描いた絵を掲げて10分間で
プレゼンを行うとのこと。
これは楽しみですね。


〜「よい国つくろう!」日本国民会議 設立大会〜

■日時:平成21年10月31日(土)
13時開場 14時開会(16時30分閉会予定)

■会場:ホテルオークラ東京 平安の間
(〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-4)

■会場へのアクセス
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/guidance/access.html

■会費:お一人様 3,000円(学生 1,000円)  

■登壇者
上甲 晃(“日本この手で何とかする”提唱者)
山田 宏(杉並区長) 
中田 宏(前横浜市長)
中村時広(松山市長)
鈴木康友(浜松市長)
片岡聡一(総社市長)他

■発言者
鍵山秀三郎(日本を美しくする会創始者) 
松村博史(歯科医療法人 徳真会 理事長)
ピーター・D・ピーダーセン (「ビジョンなき国のビジョンある人

達」著者)  
北原照久(横浜ブリキのおもちゃ博物館館長 「珠玉の日本語・辞

世の句」著者)他

■内容
★国民運動とは何か? 今後のアクションを発表!
★よい国づくりを実践する地方自治体首長の新メンバー発表!
★志を持って生きている国民による実践発表!

■お申込み方法
http://www.nippon-kokuminkaigi.jp/mail_forum.shtml

■お申込み締切:10月20日(火)
※お申し込みの締切りは、20日までとなっていますが、
当日受付も行うそうです。
posted by ドリプラスタッフ at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | プレゼンターの活躍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

ドリームベジタブルプロジェクトの山本さんにお越しいただきました

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

日曜日に、日比谷公園で行われた
『土と平和の祭典』に行ってきました。

個人的に応援している農家のこせがれネットワーク
ブースでお手伝いをしていたのですが、昨日は
秋晴れの下、ものすごい人出。

こういったマルシェやファーマーズマーケットにも
多くの人が集まる世の中になったんだなぁと、改めて
実感します。
東京では農とふれあう機会が限られるため、これからも
発展していきそうですね。

月並みなコメントではありますが、こういう農を切り口にした
場が広がることで、生産者と消費者の相互理解が広がることを
願っています。

生産者は安心なものを供給する、消費者は購入できるという
ことだけでなく、本当の相互理解を着実に進めていきたいですね。


さて、先週プレゼンターの山本直史さんとドリームメンターである
鈴木勝己さんが来社されました。

ドリームベジタブルプロジェクトとはどういったものなのか。
食べるだけで、流通させるだけでみんなが幸せになる
モデルとは!
ということを熱く熱く語っていかれました。

山本さんとの話がすごく面白く、私も興奮してしまい、あとで
スタッフから怒られてしまいました(笑)

どうやってこの夢を実現していくのか、楽しみですね。


プレゼンターすべてに共通することだと思いますが、この夢への
プロセスが一人ひとり異なり、ドラマがありますね。
汗と努力の結晶です。

それを近くで見ることが出来る。
場合によっては応援することが出来る。

これって幸せですね。学びが多すぎです。
プレゼンターのために今何が出来るのか。
今まで歩んできたことが試されているようです。

今日も精いっぱい努力する、そのモチベーションになります。

posted by ドリプラスタッフ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンターの活躍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

沖縄プチ支援会を開催しました

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

ドリプラ2009まで2カ月を切りましたね。
これからは一層手を動かし体を動かし頭と心を
フル回転させ、頑張っていきたいと思います。

さて、ドリプラ2009の案内チラシ第2版が仕上がりました。
今回はドリプラを良く知らない人にも雰囲気が伝わるように
制作。
カッコいい出来なので、是非見てくださいね。

ドリプラ2009チラシv2.jpg

ドリプラ2009チラシv2.1.jpg

お友達に伝えたいという方、ご連絡頂ければチラシ送ります。
お気軽にドリプラWebサイトのお問い合わせからご連絡くださいね。


昨日、沖縄で夢を追うドリプラプレゼンターの
支援会を行いました。
ちょうど会社で沖縄に行く予定があったので。

どんな所で活動しているのか、見学して体感してお話ししました。
中田さん、高江洲さん、お忙しいなかありがとうございました。

なんと今回も、たまたま沖縄で居合わせたはしもとさんのパートナー
である田中謙二さんともご一緒。
ここでも出会えるなんて興奮します!!

中田さんのプラント予定地を見学後、海中道路近くの
海の駅で食事を食べながら支援会。
海をバックにした開放的な場所での話は盛り上がりました。

中田さん沖縄支援会.jpg

中田さんの今の事業に出会った『ご縁』と、あきらめられない
理由に感銘を受けました。
ドリプラを通じて、中田さんを応援できることに喜びを感じて
います。


その後、中田さんやそのパートナーの能塚さんと一緒に、高江洲さん
の拠点へ。

風の里入口.jpg

フェアトレードショップ&カフェの風の里は、山の中腹にあり、
窓からは海が一望。

風の里の窓から.jpg

ここで夢を描き、自然の恵み、地域のつながりを活かした
学校を作る。
壮大にも思える夢ですが、着々と準備が進んでいるよう。
なんと土地まで取得済みとのこと。
そして高江洲さんの歩んできた道を聞くだけで、その積み重ねが
夢につながっていることを強く感じました。

行って初めてわかることが多くありますね。

プレゼンター一人ひとりが活躍するその場所に行ってみる。
ということも大事ですね。
理解につながります。

中田さん、高江洲さん、本当にお忙しい中、ありがとうございました

いつでも何かあれば言ってくださいね。
できることはやりますので!!


プレゼンター情報は、下記ドリプラWebサイトに掲載されています!
http://drepla.com/presentor2009.html
posted by ドリプラスタッフ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ドリプラ支援会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

但馬牛放牧ツアーに参加してきました!

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

10/3(土)にドリプラ2009 第2回相互支援会が
開催されました。
プレゼンター、ドリームメンター、サポーター、スタッフ、
見学の方々。。。
総勢100名くらいにご参加頂きました。
プレゼンターに会って直接お話ししたり、顔を見ると元気を
もらいますね。
いろいろと頑張られているんだと。

スタッフとしても、さらなる努力をしたくなってしまう
瞬間です。

次回の相互支援会は10/24(土)。
それまでに精いっぱい私も準備してまいります。



さて、10/10-11で田中一馬さんの放牧ツアーに
参加していきました。
毎年一馬さんと牛たちに会いに行くと決めてから3年目。
今年も達成です。

パートナー制度会員のみなさまとご一緒でした。

牛たちの生きる場所を見て、感じて、触れて、嗅いで、
食すツアー。

今日の牛牛.jpg

毎回ここに行くたびに思うことは、
田中一馬さんという人がいて、
そこで放牧牛を育てている仕事をされていることで、
私自身が但馬という地域に行くきっかけとなっている。
こういう縁を頂いていることに、感謝です。

さてそのツアー、
一馬さんの牛舎見学から始まり、
放牧場へ移動しての牧場散策、牛さん達との触れ合い、
パートナー牛『夢』との追いかけっこ。
そして今回いのちを頂いた『きくふじ1』の紹介、
そしてありがたくそのお肉を頂くBBQ。
夜が更けるまで夢について語り合い、
翌日も朝から放牧場で牛さんと戯れていました。

この中で、牛と耕す国づくりの一端を見ることが
できたような気がしました。

雑木林.jpg

例えばこの山の森。
昔は炭焼きなどで人が手を入れ管理していた山は、
今では誰も入らなくなり、うっそうとした森に
なっています。
太陽の光が入らないため、木々は太くならず、
下草も余りはえません。

間伐後の姿.jpg

しかしこの様に間伐をすると、木々の間から
光が差し込み、まるで別世界にいるようです。
切った木が土に帰り、下草が豊かに生え、やがては
芝になる。
木々も太く成長し、豊かな生態系を織りなす。
10年、もしかしたらそれ以上時間はかかるけど・・・、

しかもそれを人の手だけでなく、牛を放牧することで、
牛と共にこの地で生きていくことで実現していく。

そう語る一馬さんの言葉から、この場所が
どんどん変わっていく姿を想像し、
未来につながる仕事だと改めて実感しました!


そして牧場に来たら絶対に見ようと思っていたこの風景。

放牧場からの風景.jpg

一馬さんのプレゼンで使われたこの風景。

この景色を見て、一馬さんはこれだけの土地が
あれば何でもできるんだ!
と思ったそうです。
その勇気の場所に立つことが出来て、ゾクゾクっとしました。
直接見ると本当に感動しますよ。


牛とふれあい、食べるものがあることに感謝する、
いのちのありがたさを再認識する放牧体験ツアー。

これからも一馬さんの活動から目が離せません。
というか、また行きますね。
次回は山の開拓の手伝いをしたいな〜と思っています!!


おまけ
最寄りの香住駅周辺は、香住ガニ(紅ずわい)の産地で、
一緒に行ったタイタイ星人、事務局スタッフののりさんと
3人で味わいました。タイタイのカニ好きにはびっくり。
私も負けじと食べさせて頂きました。
カニさんありがとう。
posted by ドリプラスタッフ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンターの活躍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

夢にあふれ人たちがたくさんいますね!

こんにちは。
ドリプラ実行委員会 事務局の川合です。

9/27(日)に開催されたドリプラ2009 in 岐阜。。。
本当に素晴らしい大会でした。

900人の会場はもちろん満席。

岐阜ドリプラステージ.jpg

ここまで徹底すると、感動って起こるんだ〜。

と思わせてくれる仕掛け。

オープニングはドリプラに至るまでの
ストーリームービー。
18年前ドリプラを作ろうと志した福島正伸
から始まり、この岐阜ドリプラまでの歩み。

よくここまで作り込んだな〜と感心してしまいました。
聞くところによると、制作は、プレゼンクリエーターの松舘敦子さん。

さすがです。

そして大会実行委員長の大村浩司さんの挨拶。
感謝の気持ちでいっぱいでした。

福島正伸の講演
ドリプラ2008プレゼンター3名のプレゼン
岐阜プレゼンター3名のプレゼン

と続き、感動のエンディングへ。

主催者から感謝の気持ちを込めたサプライズ
プレゼント。

感謝っていいな。
思いって大事だな。

改めて感じさせてもらいました。

本当に素晴らしい体験をさせてもらいました。
ありがとうございました!!



昨日は千葉県流山で活躍する農家の方と夢の打ち合わせをしてきました。

自然農園レインボーファミリーの笠原さん。

流山で
年間約60種類の野菜を有機栽培し、放し飼いのニワトリ約300羽を飼っています。

東京から30分という土地を活かし、
農業に携わる一歩を応援するため、
農業予備校を作りたい!

都内で働く人を対象に、就農を考えている方が
1年間程度農家と一緒に実地含め学べる予備校。

継続して体験することにより、向き不向き、好きかどうかを
身をもって感じることが出来る学校。

その取り組みを通じて、人材交流と、新しい物流を
作り出していく。


笠原さんは農家同士のつながりも広く持っており、
農家が農家を応援する仕組みを作りたいとも
おっしゃっていました。

私も関わりたい!
と思いました。

こうやって一人ひとりが活躍する社会がもうあります。。
世の中は確実に理想の社会に向かっているなぁ
と感じさせてもらっています。

本当にありがとうございます。
posted by ドリプラスタッフ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 各地域のドリプラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。