2009年06月28日

海士ドリプラに向けて、またまた出前授業を開催!

こんにちは。
ドリプラ実行委員会の川合です。
昨日でとうとう居酒屋てっぺんさんと、日本全国
6か所でコラボ講演が終わりました。
各地で出会った志の高い方から多くの刺激を頂きました。
そして来年は、その各地でドリプラを開催できれば
いいなぁーと考えています。

実際九州ではすでに日程が決まっていますし、
夢が日本中にあふれちゃいそうですね。

さてさて、私も5月に参加してきましたAMAワゴンですが、
7月にまた開催されます。

海士中ドリプラに向けた出前授業を、ドリプラプレゼンターが
行います!
今回も豪華です!
感動大賞の二人がなんと講師に!!
八丸さん、千田さん、そして感動と共感のプレゼンクリエーター
松舘さん。

前回の授業で、海士中生は夢を描き、お互いを応援しました。
今回も講師とAMAワゴンに参加する方と一緒に、中学生の夢を
応援します。

みんなで応援すると、中学生の顔がどんどん輝いていくのがわかります。
笑顔になってくるのがわかります。
なんだか一緒にやりたくなってくる自分に気付きます。

新たな可能性と未来を見る旅、AMAワゴン。
皆さまも参加してみませんか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
AMAワゴン2009 Vol.17 開催決定!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 〜島の“ひと”に、会いに行こう〜  7月9日(木)〜12日(日)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

島根県の北、日本海に浮かぶ島、海士(あま)。

その魅力は、国立公園に指定されるほどの
美しい自然はもちろんのこと、そこに暮らしている
人情豊かな人々そのものだと言われています。

持続可能な島づくりを目指して始まった交流ツアー
“AMAワゴン”も、3年目の第17回目となりました。

今回も、島の中学生から大人、お年寄りまで
幅広い年代の方々に出会っていただきます。
例えば、中学生と語り合ったり。海辺で外ごはん。
地域の女性たちと、ほっと一息ティータイム。

日常におじゃまさせていただく代わりに、
島で、自分にできるお手伝いをする。
それによって出会いがより深まるツアーです。

頭も体もフルに使いながら、
様々な人たちと語り合い、その土地の風を感じて、
小さな島で暮らす凛とした生き方に触れてみませんか。
きっと、新たな気づきにわくわくする旅になるはずです。
ご参加、心よりお待ちしています!

【目次】
1.AMAワゴンとは?
2.出前授業の内容
3.講師の紹介
4.プログラム日程等
5.申し込み方法
6.海士(あま)町とは?

┏━━━━━━━━━┓
 
  1.AMAワゴンとは?

┗━━━━━━━━━┛

町を挙げて持続可能な島づくりを目指す海士町。
2006年、AMAワゴンは、そのまちづくりの中核をなす
「人間力推進プロジェクト」の一環 として、新しい都市地方
交流事業の形を模索すべくスタートしました。

日本の最先端で活躍している講師と島外からの参加者で、
離島の公立学校で「出前授業」を行います。 また、島の自然を
満喫してもらい、地域の人々と交流しながら日本の縮図として
海士町の様々な取り組みに触れることができます。

海士という絶好のフィールドで学び、たくさんの出会いを得て
一生心に残るような体験をしてもらいたい、そんな交流を通して
島と自分をゲンキにするプロジェクトです。

☆今回のお手伝い内容☆
「中学生の夢サポート(出前授業)」+「季節に応じた体験交流(農作業など)」

┏━━━━━━━━━┓

   2.出前授業の内容

┗━━━━━━━━━┛

今回は、前回に引き続き、ドリームプラン・プレゼンテーションの
プレゼンター八丸由紀子さんと、その支援者である松舘敦子さん、
また、多くの人に感動を与えた「世界にたった一冊の本」プロジェクトの
発案者、千田利幸さんを講師としてお迎えし、お話を伺います。
※ドリームプラン・プレゼンテーション(略称:ドリプラ)http://www.drepla.com/

参加者の皆さんには、海士中学校の生徒たちの支援者として
ワークに参加し、生徒の持っているものを引き出してもらいます。
今年12月に開催予定のドリプラ in 海士中学校に向けて、
中学校の先生たちと一緒に、授業を創り上げてみませんか。

┏━━━━━━━━━┓

    3.講師の紹介

┗━━━━━━━━━┛

【千田 利幸(せんだ としゆき)氏】
ブースト・ドリーム・コンサルティング オフィスT.S代表。
1964年岐阜県多治見市生まれ。2008年、クライアントと「共に成長する」を
モットーに「同じ目線」に立ってモチベーションを上げながら、問題点を
解決していくコンサルティングをスタート。また、「日本中を元気にしたい」と
コーチ、カウンセラーとしても活躍中。そのコーチングは「壁を越えて自分と
対話できるコーチング!」「元気が出るコーチング!」とクライアントから大絶賛。
「大人が夢を語ると子供も夢を語る」を旗印に、子供の夢を応援する
社会実現を目指した「世界にたった一冊の本」プロジェクトを発案。
ドリームプランプレゼンテーション2008感動大賞受賞。

【八丸 由紀子(はちまる ゆきこ)氏】
ドリームプラン・プレゼンテーション2007感動大賞受賞者。
八戸市出身。現在、盛岡市在住。2003年1月「80エンタープライズ,INC.」を設立、
代表取締役に就任。馬事普及とコーチングを中心に事業を展開、牧場を自ら開墾する。
馬のダイちゃんと岩手の街を馬車でパレードする夢をかなえ、ラジオではコーチング
番組を担当するなど、笑顔と勇気をプロデュースする活動を精力的にこなしている。
先日、フジテレビ「奇跡体験アンビリーバボー」で特集。
http://www.geocities.jp/hachimaru80enterprise/

【松舘 敦子(まつだて あつこ)氏】
盛岡市出身。プラッサム代表。12年間パソコンインストラクターとして約400人の
指導を行う中で、プレゼン発表会の企画を盛り込む。プレゼンで想いのイメージを
表現し、夢を応援している。いわて起業家大学にてプレゼン作成支援。ドリプラ
2007の感動賞受賞者、八丸氏のプレゼン作成支援。また自身もドリプラ2008に出場し、
支援者とプレゼンターの両方の立場を経験する。現在、プレゼンクリエーターのほか、
キャリア・コンサルタント、産業カウンセラーとして年間150人以上のカウンセリングを行い、
生き活き生きていくための支援を行っている。
http://ameblo.jp/plussum2008/

┏━━━━━━━━━┓

  4.プログラム日程等

┗━━━━━━━━━┛

【3泊4日スケジュール(予定)】

7月9日(木) 午後1時45分 境港(鳥取県境港市)集合
                  →フェリー乗船
         夕方 海士到着、オリエンテーション

7月10日(金) 午前 海士中学校での出前授業
             ☆ランチはお楽しみ、島の給食☆
         午後 引き続き出前授業

7月11日(土) 終日 地域密着!体験交流プログラム
             夕食交流会 〜地域の人たちと語ろう〜

7月12日(日) 午前or午後 フェリーで海士出発
※オプショナルツアー(自然体験)を実施する場合があります

【参加料】 23,000円(一般) 18,000円(学生)
■料金に含まれるもの:往復フェリー代、宿泊代、食事代、島内移動費他
■集合場所までの交通費は各自でのご負担となります。

【その他 注意事項】
■3泊4日のうち、全日程に参加できない方はご相談下さい。
■12日以降も滞在をご希望の場合は、各自で宿泊の手配をお願いします。

主催:海士町(人間力推進プロジェクト)
事務局:株式会社 巡の環(めぐりのわ)

┏━━━━━━━━━┓

    5.申し込み方法

┗━━━━━━━━━┛

【対象】 島の中学生の夢を応援したい人、体験交流に興味のある人など
【募集人数】 限定!!10名 
【申し込み〆切】 6月27日(土)まで
参加申込みは下記のアドレスへ
amawagon2008@yahoo.co.jp(担当:高野)
@お名前
A所属(学校や活動団体、職場など)
B連絡先(住所、電話番号、PCメールアドレス)を必ずお送り下さい。

応募人数が定員を超える場合は、先着順となります。
参加確定後、こちらから詳しいご案内をお送りします。
また、ご質問等ございましたら上記アドレスまでお気軽にご連絡下さい。

┏━━━━━━━━━┓

  6.海士(あま)町とは?

┗━━━━━━━━━┛

島根県の北60キロ、日本海に浮かぶ隠岐諸島の中の
一つの島(町)。後鳥羽上皇が流された流刑地としても有名で、
神楽や俳句などの歴史文化や伝統が残る一方、島すべてが
国立公園に指定されるほどの自然豊かな島。

現在人口は約2400人。年間に生まれる子ども約10人。
人口の4割が65歳以上という超少子高齢化の過疎の町。

人口の流出と財政破綻の危機の中、独自の行政改革と
産業創出、人づくりによって今や日本で最も注目される島となる。

町長は給与50%カット、課長級は30%カット(公務員の給与水準としては
当時全国最低となる)。その資金を元手に最新の冷凍技術を導入。海産物の
ブランド化により全国の食卓を始め、海外へも展開する「(株)ふるさと海士」。

農業特区を取って、新たに肉牛の業界に参入し、松坂牛に匹敵する
レベルと評価されて幻の肉として知られるようになった「隠岐牛」。
この5年間で200人以上のIターン者を全国から受け入れるなど、
新しい挑戦をしたいと思う若者たちの集う島となっており、まちおこしの
モデルとして全国の自治体や国、研究機関などから注目を集めています。

海士町HP http://www.town.ama.shimane.jp/
海士町の情報サイト http://ama-sns.net/amana/


posted by ドリプラスタッフ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地域のドリプラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。