2009年05月27日

海士町に行ってきました!

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。
今月半ばに海士町に行ってきました!
海士ってどこよ?
という方。
ヒントは昨年のドリプラ2008で発表したスーパー中学生。
思い出しましたでしょうか!
島根県隠岐郡海士町。
島根県から60kmの日本海に浮かぶ島。
自然と人と歴史があり、魅力があふれる場所。

何とここで来年海士中の中学生によるドリプラが開催されるとのこと。
昨年のドリプラプレゼンテーションを作り上げる過程で、みるみると
生徒たちが成長していった姿をみて、先生たちは思ったそうです。
中学を卒業する時に、子供たちに自分の夢を堂々と語り、その夢を
追い続け、行動する人になってほしい。

そして実際に、夢を持つためのカリキュラムを組み、この度夢を
描く授業が行われました。

講師はドリプラプレゼンターのお三方。
八丸さん、松舘さん、田中一馬さん
amaワゴンのツアーに参加した人たちが、中学生の夢を描くサポーターとして参加。授業前夜は遅くまでどうしたら中学生が夢を描けるか、応援できるかを議論。本当に熱い夜でした。

海士中.jpg

授業の最初に、増本教頭先生よりご自身の夢のプレゼンテーション。
中学生が卒業の時に夢を描いて行動する姿を見せて頂きました。
先生らしく、本当にユーモア溢れた最高の発表!

そして講師によるプレゼンと、夢を描くことの楽しさ素晴らしさの授業。生徒たちは夢に見いっていました。
感想を聞くと、すごいなぁ!とか、私にもできるかしら。とか、みんなすごい人だからできるんだよ。と様々な意見を聞きました。

でも大丈夫。みんなは卒業することに堂々と自分の夢を語っていますから。

その後一緒に夢を描いたり、人を応援するという体験を行い、授業は終了!すごく楽しく何かが始まりそうな、そんなワクワクする授業でした。
次回の授業は7月に開催するそうです。ご都合のつく方は是非ご参加くださいね。


海士ではこの授業だけでなく、島を巡りをしていろいろなことを見聞きしてきました。
特産の岩ガキをいただいたり、幻の隠岐牛の放牧場を見たり、一馬さんがそれに興奮したり。。。
もちろん泊まりは但馬屋さん。
本当に素敵な海士町でした。

牧場.jpg

一見するとただいい場所だと思うこの土地ですが、相当な努力の末にここまで来たのだと思います。
海士を愛する島民たち、自分の給料をカットしてでも島に尽くす行政マン、島外から移り住んだ多くの人たち。
いろいろな思いと行動の結果、本当にいい循環が生まれてきていると感じました。

何よりの魅力は、やはり「人」
一言では言い尽くせない海士の魅力。
機会を作ってみんな一度は行ってみましょう!


posted by ドリプラスタッフ at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地域のドリプラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。